サック・バック・ガウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オランダアムステルダム。1740年―1760年のフランス風のローブ

サック・バック・ガウン:Sack-back gown, 仏:Robe à la française[1] )とは、18世紀の女性のファッションスタイルである。フランス語で「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」であり、[1] 「フランス風のドレス」の意。

出典[編集]

  1. ^ a b Merideth Wright p36 Everyday Dress of Rural America, 1783-1800: With Instructions and Patterns ドーヴァー出版 1992/12/29 ISBN 0486273202