ベーシック (オートバイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自動車 > オートバイ > オートバイの種類 > ベーシック (オートバイ)

ベーシック(: Basic bike)は、オートバイの車種を分類したカテゴリーの一つである。明確な定義はないが、ネイキッドのなかでも、特にスポーツ性よりも実用性を重視したモデルが含まれる。

概要[編集]

ベーシックに含まれるオートバイの車種は、丸目のヘッドライトを装備し、エンジンやガソリンタンクがカウルなどで覆われていない、オートバイとして基本的な車体構成を持つ[1]。クラシカルなスタイルの車種やデュアルパーパスに近い車種まで幅広く、搭載されるエンジン単気筒から4気筒まで幅広い[1]。エンジンの性能はカタログ上の数値ではなく、実用的な中間トルクを重視した扱いやすいモデルが多い[1]。乗車姿勢は前傾が弱く、シート高が低い[1]。ハンドルの切れ角が大きく、車重は150kgから200kg程度にとどまる[1]。こうした特徴から、街乗りからツーリングまで総合的かつ多用途に楽しむことができるカテゴリーとされている[1]

日本国内メーカー別の主なモデル[編集]

以下の項目は、現在生産されていない車種(絶版車)も含み、開始年のみ記載されている場合は継続中の車種である。

カワサキ
スズキ
ホンダ
ヤマハ

日本国外メーカー別の主なモデル[編集]

以下の項目には、現在生産されていない車種(絶版車)も含まれる。

トライアンフ(イギリスの旗 イギリス
ロイヤルエンフィールド(インドの旗 インド

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f BikeJIN編集部 (2009), ライダーになるための本, 枻出版社, ISBN 4777912949 

関連項目[編集]