ロイヤルエンフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイヤルエンフィールド・ブリット350クラシック

ロイヤルエンフィールドRoyal Enfield )は、インドオートバイブランドで、現在はアイシャー・モーターズの一部門である。ティルヴォッティユール英語版に本拠を構える。

歴史[編集]

  • 1851年 - ジョージ・タウンゼント(George Townsend )がイングランドウスターシャー州レディッチにジョージ・タウンゼントアンドカンパニー設立
  • 1871年 - 自転車、自転車部品製造開始
  • 1880年 - タウンゼントサイクルカンパニー設立
  • 1892年 - 自転車(エンフィールド)製造開始。イーディ・マニファクチュアリングカンパニーに社名変更。その後、エンフィールドマニファクチュアリングカンパニー設立
  • 1897年 - 独立しエンフィールドサイクルカンパニー設立
  • 1901年 - オートバイ製造開始
  • 1955年 - エンフィールド・インディア設立
  • 1962年 - 他社に譲渡
  • 1970年 - 倒産
  • 1993年 - アイシャーがエンフィールド・インディアを買収。
  • 1994年 - エンフィールド・インディアからロイヤルエンフィールド・モーターズに社名変更。
  • 1996年 - 吸収合併されてアイシャーの一部門となる。

車種[編集]

350クラシック(UCEモデル)

イギリスよりインドに生産が移ってからもオートバイの車体構造をほとんど変更しなかったため、かつては「本物のクラシックバイク」として貴重な存在となっていた。また構造が複雑でなかったことからエンジンの載せ替え改造が行われることが多く、なかにはエンフィールド=ロビン・D-R400Dなどオートバイとしては珍しいディーゼルエンジンに換装されたものまで存在する。

なお現在発売されている車両は UCE(Unit Construction Engine)モデル と呼ばれ、欧州の保安および環境規制に適応させるため車体およびエンジンの構造やブレーキが大幅に見直されており、500ccのエンジンには燃料噴射装置を搭載したものも生産されている。

  • クラシック
  • ブリット
  • エレクトラ
  • サンダーバード
  • タウラス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]