ベルトルト・ラウファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Annual report of the Director to the Board of Trustees for the year .. (1933) (17811378703).jpg

ベルトルト・ラウファー(Berthold Laufer、1874年10月11日 - 1934年9月13日)は、ドイツ生まれのアメリカ合衆国人類学者東洋学者博物館員。

とくに中国とその周辺のさまざまな文物に関する研究が多い。当時のアメリカには中国研究者といえる人物がほとんどいない中、ラウファーの研究は異彩をはなっていた。

生涯[編集]

ラウファーはケルンの中流ユダヤ人家庭に生まれた[1]。1893年にベルリン大学に入学してオットー・フランケに仏教学を、ヴィルヘルム・グルーベ中国語ゲオルク・フォン・デア・ガーベレンツマレー語ゲオルク・フートドイツ語版チベット語ルドルフ・ランゲ日本語を学んだ[2]。1895年、地元の新聞に日本の民話の翻訳を連載した[3][4]。同年ライプツィヒ大学に移ってアウグスト・コンラーディらに学び、チベット語文献の批判的分析によって1897年に博士の学位を取得した[5]

翌1898年、同じドイツユダヤ系のフランツ・ボアズに招かれてアメリカ合衆国に移り、翌年にかけてジェサップ探検隊英語版によるサハリンアムール川河口一帯のフィールドワークを率い、アイヌニヴフエヴェンキナナイなどの人々の調査を行った[6]

1901年から1904年にかけてアメリカ自然史博物館に雇われ、ジェイコブ・シフをスポンサーとする中国探検を率いた。探検終了後は同博物館の民族学輔佐の職を得た。翌1905年にはコロンビア大学の人類学講師に就任したが(1906年からは東アジア諸言語の講師を兼任)、1907年には大学を去ってシカゴフィールド自然史博物館キュレーターになった(1907年から東アジア部門のassistant curator, 1911年にアジア民族学部門のassociate curator, 1915年に人類学部門のcurator)。

1907年から1911年まで、ラウファーは博物館のためにチベットを探検しようとしたが、チベット入りには失敗した。かわりに中国各地で古物約8000点を収集して博物館に納めた[7]中華民国時代の1923年に短期間中国を訪れて約1800点の品を得ているが、その多くは紫禁城から流出したものであったという[8]

1931年にシカゴ大学の名誉法学博士の学位を贈られた[2]

1934年9月13日、住んでいたホテルの8階の非常出口から落ちて死んだ。癌を苦にしての自殺とされる[9]。没後、その蔵書はフィールド博物館に寄贈された[10]

主要な著書[編集]

ラウファーには450以上の著作がある[1]。有名な論文には漢代の陶俑を考察した『Chinese Clay Figures』、漢籍をもとに中国とイランの関係を考察した『Sino-Iranica』などがある。

ラウファーの手紙などは1970年代に編集出版されている。

  • Hartmut Walravens, ed (1976). Kleinere Schriften von Berthold Laufer. 1. Wiesbaden: Franz Steiner. (第2巻は1979年、第3巻は1985年)

以下は日本語訳。

脚注[編集]

  1. ^ a b Bronson (2003) p.117
  2. ^ a b Latourette (1936) p.44
  3. ^ 外部リンクの Sinological Profiles による
  4. ^ Latourette (1936) p.57
  5. ^ Latourette (1936) p.43
  6. ^ Bronson (2003) p.118
  7. ^ Bronson (2003) pp.119-121
  8. ^ Bronson (2003) p.122
  9. ^ Bronson (2003) pp.117,126
  10. ^ Latourette (1936) p.48

参考文献[編集]

外部リンク[編集]