ベジマイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベジマイト・トースト

ベジマイト(Vegemite)は、オーストラリアで生産されている塩辛い濃茶色のペースト状の食品である。主にサンドイッチに用いたり、トーストに塗ったりして食べる。オーストラリアとニュージーランドでは非常にポピュラーであるが、他の地域ではあまり好まれない。

歴史[編集]

第一次世界大戦の影響でイギリスからのマーマイトの輸入が途絶えていた1923年に、フレッド・ウォーカー社(Fred Walker)の食品技術者であるシリル・キャリスター(Cyril P. Callister)によって開発された。商品名は賞金付きで公募され、ウォーカー社長の娘シーラ(Sheilah)によって無作為に選ばれた。現在、この商標はクラフトフーヅ社が保有している。

製法[編集]

ベジマイトはイースト菌抽出物(酵母エキス)を原料に作られている。これはビール醸造の副生成物であり、麦芽抽出物を含む。栄養面ではチアミン(B1)・リボフラビン(B2)・ナイアシン(B3)・葉酸(B5)などのビタミンB群に富んでいる。

味や製法はマーマイトに酷似しており、マーマイトをもじった「パーウィル(Parwill)」という商品名を使用していた時期もある(“Ma might not like the taste, but I'm sure Pa will”「ママはこの味が好きじゃないかもしれないけど、パパならきっと好きだと思う」)。

食べ方[編集]

ベジマイトはかなり塩辛く、エビオス錠などの酵母製剤に似た独特の香り・旨味・コクが口に広がる。 そのため、その強烈な味を和らげるためにバターチーズと一緒にパンに塗られることが多い。 オーストラリアではベジマイトにチーズが入った、チージーバイト(Cheesybite)も発売されている。 また「チージーマイト・スクロール(Cheesymite Scroll)」あるいは「チェダーマイト・スクロール(Cheddarmite Scroll)」という、チーズとベジマイトを巻き込んだ渦巻き状のペストリーも販売されている。

その他[編集]

ベジマイトは外国人、特にアメリカ人が毛嫌いすることで悪評が高い。半ば冗談で「オーストラリアの国民食」、「オーストラリア人はベジマイトのことで戦争を起こすかもしれない」とさえ言われることもあるが、すべてのオーストラリア人がベジマイトを好んでいるわけではなく、嫌悪する人も少なからず存在する。

ベジマイトの人気は、「We're happy little Vegemites」という名の覚えやすい歌を歌う、魅力的で健康的な笑顔の子供たちを使った1940年代の販促キャンペーンによって確立された。実際、今でも多くのオーストラリア人が、そのような子供たちを表すのに「happy little Vegemite」というフレーズを使っている。愛国的な郷愁に訴えるため、再編集バージョンの広告や歌が使われ続けている。

オーストラリアのポップグループ、メン・アット・ワークによる「Down Under」の歌詞で言及された際に、多くのオーストラリア以外の人々もベジマイトのことを知るようになった。1980年代初頭のこの世界的ヒット曲は、オーストラリアがアメリカスカップで優勝した際に「非公式の国歌」として使われた。

ベジマイトは少量ながらも日本にも輸入、販売されている。例として、店頭販売では明治屋カルディコーヒーファームプレッセなどで取り扱っている他、東京アメ横始め輸入食品店の一部店舗で扱っている。また、ネット通販サイトでは容易に見つけ出すことが出来る。なお、オーストラリアやニュージーランド人が多いニセコひらふスキー場のコンビニエンスストアではジャムなどと並んで売られている。

外部リンク[編集]