ベイタ海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベイタ海峡
Bayta Fretum
ベイタ海峡
ベイタ海峡。右上の島はビミニ島、右下の島はポンライ島アルナル入江は左下に位置する。
種類 海峡
天体 タイタン タイタン
場所 クラーケン海中央
座標 北緯73度00分 西経311度12分 / 北緯73度 西経311.2度 / 73; -311.2[1]座標: 北緯73度00分 西経311度12分 / 北緯73度 西経311.2度 / 73; -311.2[1]
全長 165 km
発見者 カッシーニ
名の由来ファウンデーション対帝国』のベイタ・ダレル

ベイタ海峡(ベイタかいきょう、: Bayta Fretum)は、土星衛星タイタンクラーケン海のほぼ中央部に位置する海峡

長さは165km。名前はアイザック・アシモフSF小説ファウンデーション対帝国』の登場人物の1人、ベイタ・ダレルに由来する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Bayta Fretum” (英語). Gazetteer of Planetary Nomenclature. USGS (2015年1月21日). 2016年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]