ホテイ弧状の地形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホテイ弧状の地形
Hotei Arcus
ホテイ弧状の地形
ホテイ弧状の地形
種類 地域
場所 シャングリラ南東
座標 南緯28度 西経79度 / 南緯28度 西経79度 / -28; -79座標: 南緯28度 西経79度 / 南緯28度 西経79度 / -28; -79
直径 約 600 km
名の由来 日本神話布袋

ホテイ弧状の地形(ホテイこじょうのちけい、: Hotei Arcus)は、土星衛星タイタンの高アルベド地形である。シャングリラの南東に位置する。

直径約600km、太陽系で唯一、弧状の形が特徴である、名前は日本神話七福神の一柱ー布袋に由来する。[1]

ホテイ弧状の地形とメタンの想像図[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]