ヘルメネギルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『聖ヘルメネギルドの勝利』、17世紀フランシスコ・デ・エレーラ

ヘルメネギルド (Hermenegild、564年 - 586年4月13日)は、西ゴート王族レオヴィギルド王とヒスパノ・ローマ人の妻テオドシアの子。レカレド1世の兄。彼は当時イベリア半島で支配的だったアリウス派の教育を受けた(反対にヒスパノ・ローマ人はカトリックだった)。彼のカトリックへの改宗は父親との対立を生む原因となり、父親に対して反乱を起こし、捕らえられてから死んだ。

彼はカトリックの殉教者として1585年に列聖された。彼は改宗者の守護聖人とされ、聖名祝日は4月13日である。

生涯[ソースを編集]

ヘルメネギルドはアウストラシアシギベルト1世の娘イングンデを妃とした。イングンデはカトリック教徒であり、レオヴィギルドの妃でヘルメネギルドの継母であるゴイスインタから信仰を捨てるよう圧力をかけられながら、彼女は固く信仰を守った。

妃イングンデと、レアンデルスの影響から、ヘルメネギルドはカトリックに改宗した。彼の親族はアリウス派の信仰に戻るよう要求したが、彼は拒絶した。その結果、584年に彼は父レオヴィギルドに対して反乱を起こした。彼は東ローマ帝国に支援を求めたものの、東ローマの反応はなかった。しばらくして彼は教会へ逃げ込んだ。イングンデはヒスパニアの東ローマ都市へ息子を連れて逃れた。東ローマ都市はイングンデ母子を引き渡せというレオヴィギルドの要請を拒否している。イングンデはコンスタンティノープルへ向かう途中、カルタゴで死んで北アフリカに埋葬された[1]

レオヴィギルドは聖域を侵す事はせず、ヘルメネギルドと対話させるためにレカレドを送り、和平を求めた。ヘルメネギルドは父に降伏した。

一方でゴイスインタは王族の中で別の疎外感を味わうようになった。ヘルメネギルドはタラゴナトレドに幽閉された。

セビリャの塔に幽閉されている際、ヘルメネギルドのところへ、復活祭の時期にアリウス派の聖職者がやってきた。彼は聖職者の手からの聖餐を拒否した[2]。レオヴィギルドは息子に死刑を宣告し、ヘルメネギルドは処刑された。

基本史料[ソースを編集]

ヘルメネギルドの反乱についての基本史料としてはトゥールのグレゴリウス『歴史十巻』・ビクラルのヨハネス『年代記』・イシドールス『ゴート人の歴史』が知られるが、それぞれの記述の間には齟齬があり、ヨハネスとイシドールスはヘルメネギルドの改宗について記していない。しかしながら、ローマ教皇グレゴリウス1世が『対話録』の中でヘルメネギルドの改宗に触れているため、改宗を史実と見て間違いない。[3]

影響・評価[ソースを編集]

ヘルメネギルドの反乱について、トゥールのグレゴリウスや教皇グレゴリウス1世は仔細に記述し、この事件をのちのレカレド王の改宗に至る前史的な出来事として特筆した。これに対し、セビリャのイシドールスの『ゴート史』やゴート人ヨハンネスによる『年代記』など、西ゴート王国で書かれた史料はこの事件にほとんど注目していない。ここに西ゴート王国の内部と外部で明確な意識の違いを見ることができる。

さらにレオヴィギルドについて、後者ヒスパニアの史料はこの君主を政治的軍事的統一を西ゴート王国にもたらした英主として描くのに対し、教皇グレゴリウス1世は「異端者、子殺し」と呼んでおり、相違が見られる。グレゴリウス1世はレオヴィギルドが臨終に際してカトリックに改宗したことを記して、彼に好意を示すもののその叙述は護教的である。

一方トゥールのグレゴリウスはグレゴリウス1世とは異なり、レオヴィギルドの政治的手腕を高く評価し、その視点はヒスパニアの史家に近い。

レカレド王の改宗

この違いはレカレド王の改宗を巡る記述にも見られ、このことは同じ西ゴート王国の外部者という立場に立つ両者であるが、部族国家内部に生きるトゥールのグレゴリウスと、ローマでビザンツ帝国の影響下に生きる教皇グレゴリウス1世の思想状況の違いを示している[4]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Gregory of Tours VIII 28
  2. ^ "Lives of the Saints: For Every Day of the Year" edited by Rev. Hugo Hoever, S.O.Cist, Ph.D., New York: Catholic Book Publishing Co., (1955)
  3. ^ 玉置さよ子 1996, pp. 30-38.
  4. ^ 橋本龍幸 1988.

参考文献[ソースを編集]

  • 玉置さよ子 『西ゴート王国の君主と法史』 創研出版、1996年
  • 橋本龍幸 『中世成立期の地中海世界—メロヴィング時代のフランクとビザンツ』 南窓社、1998年。