プロビデンス級ミサイル巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロビデンス級ミサイル巡洋艦
USS Providence (CLG-6) underway in 1970.jpg
基本情報
種別 ミサイル巡洋艦 (CLG)
命名基準 アメリカ合衆国の都市
就役期間 1959年 - 1974年
前級 ボストン級(CAG)
準同型艦 ガルベストン級
次級 ロングビーチ (CGN)
要目
基準排水量 10,370トン
満載排水量 14,890トン
全長 185.6 m
最大幅 19.4 m
吃水 7.28 m
ボイラー 水管ボイラー×4缶
主機 蒸気タービン×4基
推進器 スクリュープロペラ×4軸
速力 32ノット
航続距離 8,000海里 (15kt巡航時)
燃料 重油2,661トン
乗員 1,382名
テンプレートを表示

プロビデンス級ミサイル巡洋艦(プロビデンスきゅうミサイルじゅんようかん、英語: Providence-class guided missile light cruiser)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦の艦級。クリーブランド級軽巡洋艦テリア艦対空ミサイルを搭載して改装した艦である[1]

来歴[編集]

アメリカ海軍は、第二次世界大戦末期より、全く新しい対空兵器として艦対空ミサイルの開発に着手していた[2]。これらのミサイル・システムは、その重量・容積の大きさと、これを収容できる船体の入手の都合から、まず大戦世代の巡洋艦を改装して搭載されることになった[3]。まず1952年度予算で、ボルチモア級重巡洋艦2隻にテリアミサイルが搭載され、ボストン級ミサイル巡洋艦として再就役した[4]

これに続いて、1956年1957年度で、予備役にあったクリーブランド級軽巡洋艦をもとにミサイル巡洋艦として改装することが計画された。当初計画では9隻の改装が検討されていたが、同時期に新造ミサイル艦の計画が進められていたこともあって整備数は削減され、最終的に、テリア搭載艦3隻とタロス搭載艦3隻の計6隻が改装されることになった。このうちテリア搭載艦として改装されたのが本級である。なおタロス搭載艦として改装されたのがガルベストン級であった[4]

設計[編集]

基本的には、艦の後半部を改装してテリア艦対空ミサイル・システムを搭載した構成となっている。艦尾甲板にはMk.9 mod.1連装発射機(搭載弾数120発)1基が設置され、その直前の後部上構には、AN/SPQ-5火器管制レーダー2基が背負式に設置されている[5][6]。またレーダーとして、前檣に対空捜索レーダー、中檣に3次元レーダー、そして後檣に高角測定レーダーが設置されており、またいくつかの艦では3次元レーダーと高角測定レーダーを逆にして設置した[7]

「トピカ」では、艦首側の47口径15.2cm3連装砲英語版2基および38口径12.7cm連装砲3基は維持されていたが、「プロビデンス」「スプリングフィールド」では、更に15.2cm3連装砲1基および12.7cm連装砲2基も撤去されて、艦橋構造物を拡張し、旗艦設備を備えた[7]。また40mm・20mmの機銃はすべて撤去された[6]。主方位盤としてMk.34、副方位盤としてMk.37を備えていた[8]

艦尾甲板にはヘリコプター甲板が設定され、小型ヘリコプター1機を搭載できたが、格納庫は設定されていなかった。その後、1960年代初頭までに、QH-50 DASHの運用能力が付与されるとともにAN/SQS-23ソナーも搭載され、対潜戦に対応した[7]

兵装要目[編集]

プロビデンス、スプリングフィールド トピカ
Mk.16 6インチ砲×3門
(3連装砲塔として搭載)
Mk.16 6インチ砲×6門
(3連装砲塔として搭載)
Mk.12 5インチ砲×4門
(連装砲塔として搭載)
Mk.12 5インチ砲×12門
(連装砲塔として搭載)
Mk.9 連装ミサイル発射機×1基
RIM-2テリアSAM用)

同型艦[編集]

艦番号 艦名 起工 就役 再就役 退役
CLG-6 プロビデンス
USS Providence
1943年
7月27日
1945年
5月15日
1959年
9月17日
1973年
8月31日
CLG-7 スプリングフィールド
USS Springfield
1943年
2月13日
1944年
9月9日
1960年
7月2日
1974年
5月15日
CLG-8 トピカ
USS Topeka
1943年
4月21日
1944年
12月23日
1960年
3月26日
1969年
6月5日

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GlobalSecurity.org 2011.
  2. ^ 大塚 2016.
  3. ^ Gardiner 1996, pp. 551-552.
  4. ^ a b 大塚 2012.
  5. ^ 梅野 1993, pp. 68-71.
  6. ^ a b Moore 1975, p. 421.
  7. ^ a b c Gardiner 1996, p. 577.
  8. ^ Hays 2018.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]