モンテレー (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Monterey
艦歴
起工 1941年12月29日
進水 1943年2月28日
就役 1943年6月17日
退役 1956年1月16日
その後 スクラップとして売却。
性能諸元
排水量 11,000 t
全長 189.7m
艦幅 21.8m(水線)
全幅 33.3m
吃水 7.9m
最大速 31.6 ノット
乗員 士官、兵員1,569名
兵装 40mm機銃26基、20mm機銃20基
搭載機 45

モンテレー(USS Monterey, CVL-26)は、アメリカ海軍航空母艦インディペンデンス級航空母艦の5番艦。艦名は米墨戦争におけるモンテレーの戦いに因む。その名を持つ艦としては3隻目にあたる。

艦歴[編集]

モンテレーはニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で1941年12月29日に軽巡洋艦デートン(USS Dayton, CL-78)の艦名として起工する。1942年3月27日に CV-26に艦種変更、3月31日にモンテレーへ艦名を変更した。1943年2月28日にP・N・L・ベリンガー夫人によって命名、進水し1943年6月17日にレスター・T・ハント艦長の指揮下就役した。モンテレーは1943年7月15日に CVL-26 に再び艦種変更され、整調航海の後に太平洋西部に向けてフィラデルフィアを出港した。

1943年 - 1945年[編集]

11月19日、モンテレーはギルバート諸島の戦場に到着し、マキン島への攻撃支援を行った。12月25日に第37.2機動部隊の一部としてニューアイルランド島カビエン攻撃に参加した後、1944年2月8日までクェゼリン環礁エニウェトク環礁への上陸支援を行う。その後、2月から7月まで第58任務部隊マーク・ミッチャー少将)と共にカロリン諸島マリアナ諸島、北ニューギニアおよび小笠原諸島への攻撃を行った。この間に4月29日、30日にトラック諸島サタワン環礁攻撃を行い、6月19日と20日にはマリアナ沖海戦に参加している。

その後モンテレーはオーバーホールのため真珠湾へ入港し、オーバーホールが終わると重巡洋艦ペンサコーラ (USS Pensacola, CA-24)、ソルトレイクシティ (USS Salt Lake City, CA-25) などとともに第12.5任務群(アレン・E・スミス少将)を構成して8月29日に出港。9月3日にウェーク島に対する攻撃を行い[1]、続いて第38任務部隊(マーク・ミッチャー中将)に合流して南フィリピンおよび沖縄への攻撃に参加した。1944年10月から12月まではフィリピン海域で過ごし、10月23日から25日にかけてのレイテ沖海戦では第38.1任務群(ジョン・S・マケイン・シニア中将)に属して戦い、レイテ島の戦いミンドロ島上陸を支援した。

しかし、その最中の12月18日、モンテレーは台風コブラ台風)を克服するため苦闘することになる。暴風は100ノットにも達し、2日間の嵐でモンテレーのいくつかの艦載機は固定用のケーブルによって機体が引き裂かれ、格納庫で火災が数件発生した。モンテレーは激浪により船体の動揺甚だしく、8時38分には傾斜が34度に達し、飛行甲板上の戦闘機が海中に落下した[2]。続いて9時10分には爆発がおき火災が発生した[3]。これはモンテレーの格納庫内で、係止索が切れたことで動き出した航空機が別の航空機に衝突したことが原因であった[4]。機械室に消火作業による水が流入し煙も充満したため機械を停止させざるを得なくなり、9時24分にはモンテレーは停止した[5]。このあと再び爆発が発生し、また甲板上でもさらに航空機が落下してその際に20ミリ機銃などに被害が生じた[6]。任務群から脱落していたモンテレーは9時50分には支援部隊に追いつかれてた[7]。苦難のモンテレー警戒のため、重巡洋艦ニューオーリンズ (USS New Orleans, CA-32) および駆逐艦トワイニング (USS Twining, DD-540)、マッコード (USS McCord, DD-534) をモンテレー支援艦として派遣された[8]。モンテレーはニューオーリンズと共にウルシー環礁に回航されるはずだったが、このプランは第3艦隊司令長官ウィリアム・ハルゼー大将によってすぐに取り消された[9]。火災は10時25分に鎮火した[10]。格納庫内の残骸は過熱されていたため固定することができず、艦を動かすことでによりそれらが動き回って再び火災が起きる危険を避けるため艦長は機関を停止した状態で台風を乗り切ることとした[10]。そうしてモンテレーは台風を乗り切った。この台風の間、モンテレーに配属されていた後の大統領ジェラルド・R・フォードも艦外に吹き飛ばされる寸前であった[要出典]。モンテレーでの人的被害は死者3名、重軽傷者40名であった[11]。モンテレーはオーバーホールのため本国に回航され、1945年1月にワシントン州ブレマートンに到着する。

モンテレーはオーバーホール後第58任務部隊に再合流し、沖縄攻略支援のため5月9日から6月1日まで南西諸島及び九州に対する攻撃を行った。続いて第38任務部隊に合流し、モンテレーの艦載機は7月1日から8月15日まで本州北海道に対する最終攻撃を行っている。モンテレーはジェラルド・F・ボーガン英語版少将の第38.3任務群に属し[12]、7月14日には青函連絡船を攻撃してそのうちの1隻を撃沈[13]、さらに7月24日の呉軍港空襲にも参加した[14]

戦後 朝鮮戦争[編集]

戦争が終わるとモンテレーは日本海域を9月7日に離れた後、東京湾復員兵を乗せ10月17日にニューヨークへ到着する。モンテレーの輝かしい戦績は、艦載機による5隻の敵艦撃沈、数千トンにも及ぶ多くの艦艇の破壊、数百機の敵機の破壊と工業設備破壊であった。モンテレーは復員任務(マジック・カーペット作戦)に従事し、ナポリノーフォークの間を数回往復した。1947年2月11日に予備役となり、大西洋予備役艦隊入りしフィラデルフィアで保管された。

朝鮮戦争が発生するとモンテレーは1950年9月15日に再就役する。1951年1月3日にノーフォークを出港し、フロリダ州ペンサコーラで続く4年間にわたって何千もの海軍航空士官候補生、学生パイロットおよびヘリコプター訓練生を訓練した。1954年10月1日から11日の間に、ホンジュラスで洪水救助任務に参加した。1955年6月9日に再び予備役艦隊に戻るためペンサコラを出港、1956年1月16日に退役した。その後、モンテレーは1959年5月15日に航空機輸送艦(AVT-2)として艦種変更されたものの、1971年5月にスクラップとして売却されるまでフィラデルフィアに停泊した。

モンテレーは第二次世界大戦での戦功により11の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II
  2. ^ カルフォーン, 146ページ
  3. ^ カルフォーン、146-147ページ
  4. ^ カルフォーン、147ページ
  5. ^ カルフォーン、147-148ページ
  6. ^ カルフォーン、148ページ
  7. ^ カルフォーン, 147、149ページページ
  8. ^ カルフォーン, 78、149ページ
  9. ^ カルフォーン, 79ページ
  10. ^ a b カルフォーン, 149ページ
  11. ^ カルフォーン, 150ページ
  12. ^ 石井, 149ページ
  13. ^ 石井, 76ページ
  14. ^ 石井, 97ページ

参考文献[編集]

  • C・レイモンド・カルフォーン/妹尾作太男・大西道永(訳)『神風、米艦隊撃滅』朝日ソノラマ、1985年、ISBN 4-257-17055-7
  • 石井勉(編著)『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • E・B・ポッター/秋山信雄(訳)『BULL HALSEY/キル・ジャップス! ブル・ハルゼー提督の太平洋海戦史』光人社、1991年、ISBN 4-7698-0576-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]