プリヴェ企業再生グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリヴェ企業再生グループ株式会社
Privée Turnaround Group Company, Limited
種類 株式会社
本社所在地 106-6137
東京都港区六本木六丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー37階
業種 その他金融業
法人番号 7010401084031
事業内容 持株会社(投資機関)
代表者 代表取締役CEO 松村謙三
資本金 307億8300万円 (資本余剰金含む)
売上高 連結870億円
総資産 連結1550億円
従業員数 連結1440人
決算期 毎年3月末日
主要株主 松村謙三、資産管理会社 合計で100%保有
主要子会社 神田通信工業株式会社
プリヴェ運輸株式会社(東武運輸プリヴェ株式会社)
プリヴェAG株式会社
プリペット株式会社
プリヴェエージェンシー株式会社
外部リンク http://www.privee-g.com/
テンプレートを表示

プリヴェ企業再生グループ株式会社(プリヴェきぎょうさいせいグループ)は、日本プライベート・エクイティ・ファンドを営む日本の企業である。主なグループ企業はプリヴェ運輸株式会社(東武運輸プリヴェ株式会社)、プリヴェAG株式会社、神田通信工業株式会社など。東証2部に新規上場した後、買収統合し2012年8月までJASDAQ上場会社であった。

グループ概要[編集]

以下沿革を記述する。

松村謙三が証券会社を創業[編集]

1982年昭和57年)3月に成蹊大学を卒業し、ジャーディン・フレミング証券株式会社、ソロモンスミスバーニー証券でリスクアービトラージ部門チーフトレーダーをしていた松村謙三が、 1997年(平成9年)に免許制下では最後の証券会社となるプリヴェチューリッヒ証券株式会社を創業。 後に持株会社となり、東証マザーズに日本初の遺伝子創薬のメディビックを共同創業者として新規上場させる。傘下企業として東証2部に新規上場したプリヴェ企業再生グループ、日産自動車(CEO カルロス・ゴーン)から売上高1,000億円での静岡日産、三河日産の2社を買収。富士通からは東証2部の神田通信工業(連結従業員数1000名)を買収。東武鉄道(代表取締役 根津嘉澄)から東武運輸2社(従業員数700名)を買収。SBIインベストメント(CEO 北尾吉孝)からエース証券を買収。タカラトミー(代表取締役 富山幹太郎)からジャスダック上場会社含む5社を買収し企業グループを形成していった。これまでに買収した会社の合計数は52社。

資産管理会社がグループ中核会社[編集]

グループの中核会社は、親会社であり持ち株会社である松村謙三の資産管理会社。傘下の買収企業や投資ファンドを通じての買収、再生により、ピーク時にはグループ全体で700億円を超える経常利益を上げ、松村謙三個人とグループ全体の納税額は360億円を超えた。業界再編を目的とした上場企業の投資も行うようになった。

非公開化[編集]

2012年8月に上場廃止し、その後、松村謙三と資産管理会社で100%の株式を取得し、オーナー企業となり、森タワー37Fに本社を移転した。


外部リンク[編集]