ブーヴィーヌの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブーヴィーヌの戦い
ホーエンシュタウフェン家とカペー家の対立中
Bataille de Bouvines gagnee par Philippe Auguste.jpg
ブーヴィーヌのフランス王フィリップ2世、オラース・ヴェルネ画、ヴェルサイユ宮殿所蔵 
1214年7月27日
場所 ブーヴィーヌ
結果 決定的なフランスの勝利
衝突した勢力
Holy Roman Empire Arms-single head.svg ヴェルフ家
Blason Nord-Pas-De-Calais.svg フランドル伯
England COA.svg イングランド王国
Blason Lorraine.svg ブローニュ伯
Arms of the Kings of France (France Ancien).svg フランス王国
指揮官
Holy Roman Empire Arms-single head.svg オットー4世 (神聖ローマ皇帝)
Blason Geoffroy Plantagenet.svg ウィリアム・ロンゲペー(長剣伯)(捕虜)
Blason Lorraine.svg ルノー・ド・ダンマルタン(捕虜)
Blason Nord-Pas-De-Calais.svg フランドル伯フェラン(捕虜)
Arms of the Kings of France (France Ancien).svg フィリップ2世
Blason Comtes Dreux.png ドルー伯ロベール2世
Arms of the Kings of France (France Ancien).svg ボーヴェ司教フィリップ
Blason Ducs Bourgogne (ancien).svg ブルゴーニュ公ウード3世
戦力
25,000人

15,000人

  • 歩兵11,000人
  • 騎兵4,000人
被害者数
死者約1,000人
捕虜約9,000人
死者約1,000人

ブーヴィーヌの戦い(Bataille de Bouvines, Battle of Bouvines, 1214年7月27日)は、フランスフィリップ2世神聖ローマ皇帝オットー4世フランドル伯フェランイングランドソールズベリー伯ウィリアム(長剣伯)、ブローニュルノー等の連合軍をフランドルとフランスの境近くのブーヴィーヌfr)で破った戦い。

参戦、もしくは関わっていた国(組織・地域)と人物の数は中世ヨーロッパにおいて十字軍を別にすれば最大の会戦だった。この勝利によってフィリップ2世はカペー朝の王権を確実なものとした。一方、敗戦の結果、オットー4世は皇位を失い、イングランド王ジョンは大陸領土の回復に失敗し、イングランドで諸侯の反乱に屈することになる。

背景[編集]

プランタジネット家のイングランド王ジョンは、後世「アンジュー帝国」と称されたフランス領土の大部分を、甥のブルターニュ公アルテュール1世やフランス王フィリップ2世との抗争で失っており、その回復を目指していた。一方、以前からプランタジネット家と同盟していたヴェルフ家出身の神聖ローマ皇帝オットー4世は、フランス王やローマ教皇と結んで皇帝位を狙うホーエンシュタウフェン家フリードリヒ2世の脅威を感じていた。また、フランドル伯フェランはフランス王と抗争しており、自領への侵攻を受けていた。

1213年にジョンは教皇との争いを解決した後、オットー4世らと謀って、フィリップ2世を南北から挟撃する計画を立てた。ジョンがフランス南部に進撃し、同時にドイツ、フランドル軍がフランドルからフランスに侵入するというもので、1214年に入るとジョンはギエンヌから侵攻してポワチエアンジューを回復したが、オットー4世はドイツ諸侯の動員に手間どり進軍が遅れた。この間に、フィリップ2世は王太子ルイを南部に派遣したため、ジョンはギエンヌに撤退してしまった。残るフランス北部の連合軍はフィリップ2世が自ら軍勢を率いて当たることにした。フィリップ2世は連合軍の追走を受けながら、自軍に有利な場所を選んだ。戦いの前日、フィリップ2世はトゥルネーで作戦会議を開き、西に20kmあるブーヴィーヌでの会戦を決意した。

経過[編集]

フランス軍の作戦[編集]

皇帝軍、イングランド軍、諸侯の軍の寄せ集めだった連合軍と違い、フランス軍はフィリップ2世の指揮の下で統一的な行軍をすることができた。当時は騎士による騎馬突撃戦法の全盛時であり、いかに自軍に優位な状況を作り出すかが勝敗を決した。フィリップ2世が連合軍との会戦を先延ばしにして北へと軍を進めていったのは、背後を追い掛ける連合軍にとってはそれだけで負担が大きいと考えたからだった。ブーヴィーヌを会戦の場に選んだフィリップ2世は、軍勢を3つの大きな部隊に分けて、それぞれに歩兵と騎兵を配置した。先に到達して陣形を整えたフランス軍に対して、連合軍は統一的な行軍をすることができず、かなり長い距離に引き延ばされた状態になっていた。そしてフィリップ2世の目論見通り、連合軍は戦場に到着した軍勢から攻撃をはじめた。

戦闘[編集]

連合軍で最初に戦場に到着したのはフランドル伯の軍だった。フランドル軍は後続の友軍を待たずにフランス軍の右翼に攻撃をしかけた。フランス軍右翼は重装騎兵と支援の軽装騎兵で構成され、ブルゴーニュ公とシャンパーニュ伯に率いられていた。騎馬同士の激突は短時間で決着が付き、フランドル軍は蹴散らされた。フランス軍の右翼に配置されていた歩兵は戦いに参加しなかったので、中央の部隊を支援する余裕ができた。

次に、オットー4世が率いる皇帝軍が戦場に到着し、フィリップ2世率いる中央の部隊に攻撃を開始した。皇帝軍の激しい攻撃によってフィリップ2世も落馬するほどの状況になったが、フランス軍の隊列は崩れることなく耐え続け、フランス軍右翼の歩兵の増援によって形成は逆転した。中央での激戦とほぼ同時に、イングランドとブローニュの軍も戦場に到着してフランス軍の左翼に攻撃を開始した。ブローニュ伯ルノーは歩兵戦術に長けていてフランス軍左翼と互角に戦ったが、それぞれの持ち場で勝利したフランス軍右翼と中央の部隊が支援に回ると抵抗も潰えた。

こうして会戦は各個撃破によってフランス軍が完勝した。神聖ローマ皇帝オットー4世は戦場から逃亡することができたが、フランドル伯フェラン、長剣伯ウィリアム、ブローニュ伯ルノー、ホラント伯ウィレムの他、25人の貴族と139人の騎士が捕虜になった。

戦後の影響[編集]

この戦いにより、フィリップ2世が進めてきたフランスの優位は確定し、以降1世紀に渡り、ヨーロッパにおけるフランスの優位が続いた。

神聖ローマ皇帝オットー4世は皇位を失った。イングランド王ジョンは、大陸領土の回復に失敗し、本国では諸侯の反乱に屈してマグナ・カルタを認めることになる。

参考文献[編集]

  • 『戦闘技術の歴史 2 中世編』 創元社、2009年
  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2009年