ライヒスアドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ライヒスアドラー独語:Reichsadler)は、古くからドイツで使用される鷲の紋章である。古代ローマローマ軍団の鷹のシンボルに由来しており、神聖ローマ皇帝や近代のドイツの国章として用いられている。ドイツ帝国(1871年~1918年)、ワイマール共和国(1919~1933)および第三帝国(ナチス・ドイツ、1933~1945)。ナチス・ドイツの統治中、アドルフ・ヒトラーの命令により、ハーケンクロイツと組み合わされたものが国章にされた。 現在は「連邦鷲」(Bundesadler)という名で、1945年以来、ドイツ連邦共和国の国章として使用されている。

ギャラリー[編集]

神聖ローマ帝国[編集]

近代[編集]

現在[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]