ブリトニー・グリナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ブリトニー・グライナー
ブリトニー・グリナー
Brittney Griner
Griner dunking at 2015 All-Star game.jpg
フェニックス・マーキュリー  No.42
ポジション C
背番号 42
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 93kg (205 lb)
基本情報
本名 Brittney Yevette Griner
ラテン文字 Brittney Griner
誕生日 (1990-10-18) 1990年10月18日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
ドラフト 2013年 1位 
選手経歴
2013–現在
2013–2014
2014–2017
フェニックス・マーキュリー
浙江稠州銀行金牛籃球倶楽部
UMMCエカテリンブルク

ブリトニー・グリナーBrittney Yevette Griner1982年5月9日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロバスケットボール選手である。ポジションはセンター。WNBAフェニックス・マーキュリー所属。国際大会に出場する女子バスケットボール選手としてはマウゴジャータ・ディデック(218cm)、ハイジ・ジリンガム(208cm)に次ぐ206cmの長身を持つ。日本のメディアではブリトニー・グライナーと表記されることもある。

来歴[編集]

ベイラー大学でプレーし[1][2]NCAAで唯一 2000得点と500ブロックショットを達成している[3]

WNBA[編集]

2013年のWNBAドラフトフェニックス・マーキュリーにドラフト全体1位指名される。プロデビュー戦となる5月27日のシカゴ・スカイ戦でダンクショット2度を記録した[4]

同年4月にはNBAダラス・マーベリックスよりトライアウト参加を呼びかけられたと報道される[5]

2014年は平均15.6得点、8.0リバウンド、3.7ブロックショットを記録。6月29日のタルサ・ショック戦でWNBA記録となる21得点8リバウンドをマーク[6]。チームも3度目のWNBA制覇[7]

アメリカ代表[編集]

アメリカ代表では2012年にロンドンオリンピック代表候補にも選ばれていたが、家族の病気と学業との兼ね合いから辞退[8]

その後、2014年世界選手権とリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得。

国外リーグ[編集]

2013–14のWNBAオフシーズンは中国リーグの浙江稠州銀行金牛籃球倶楽部でプレー[9]

2014–15と2015–16はロシアリーグのUMMCエカテリンブルクでプレーし[10][11]。2016-17も再契約[12]

その他[編集]

2014年8月14日、グリナーは同じWNBAプレイヤーのグローリー・ジョンソンと同性婚をすると発表[13][14]

2016年6月離婚[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Houston rocket: Nimitz 6–6 sophomore "Brittney Griner is taking off", SI.com 2007年1月16日
  2. ^  Brittney Griner. “Baylor Women's Basketball Player Bio” (英語). Baylorbears.com. 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ Longman, Jeré (2013年3月19日). “Brittney Griner's Final Season Draws Applause and Crowds”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/03/20/sports/ncaabasketball/brittney-griners-final-season-draws-applause-and-crowds.html?pagewanted=all&_r=0 
  4. ^ “WNBA - Elena Delle Donne, Chicago Sky knock off Brittney Griner, Phoenix Mercury - ESPN” (英語). Espn.go.com. (2013年5月28日). http://espn.go.com/wnba/story/_/id/9316774/wnba-elena-delle-donne-chicago-sky-knock-brittney-griner-phoenix-mercury 2013年12月4日閲覧。 
  5. ^ “Brittney Griner NBA Tryout? Baylor Star Open To Mavericks Owner's Offer” (英語). M.huffpost.com. (2013年4月6日). オリジナルの2014年4月9日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140409015253/http://m.huffpost.com/us/entry/3029791/ 2014年4月11日閲覧。 
  6. ^ Mercury rout Shock behind Brittney Griner's block party
  7. ^ Hersh, Philip (2014年9月12日). “Diana Taurasi and Mercury sweep to WNBA title over Sky” (英語). The Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/sports/ct-sky-mercury-wnba-game-spt-0913-20140913-column.html 2014年9月13日閲覧。 
  8. ^ 2012 U.S. Olympic Women's Basketball Team Roster” (英語). USA Basketball (2012年4月23日). 2013年3月24日閲覧。
  9. ^ Brittney Griner Makes 12 Times More Playing In China Than In The United States
  10. ^ http://www.wnba.com/wnba-players-playing-overseas/
  11. ^ Unlikely comrades Diana Taurasi and Brittney Griner play overseas for the money. As it turns out, they also simplify their lives.
  12. ^ 2016-2017 WNBA Overseas Signings
  13. ^ Nichols, James (2014年8月15日). “Brittney Griner Proposes To Girlfriend Glory Johnson” (英語). Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2014/08/15/brittney-griner-proposal_n_5682792.html?utm_hp_ref=gay-voices 2014年8月15日閲覧。 
  14. ^ Silver, Jake (2014年8月15日). “WNBA's Brittney Griner Gets Engaged to Former Tennessee Vols Star Glory Johnson” (英語). Bleacher Report. http://bleacherreport.com/articles/2164749-wnbas-brittney-griner-gets-engaged-to-former-vols-star-glory-johnson 2014年8月15日閲覧。 
  15. ^ Brittney Griner finalizes divorce from Glory Johnson over a YEAR after ending their one-month marriage

関連項目[編集]

外部リンク[編集]