ブラン (シャトーブリアン郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Blain
Blason ville fr Blain (Loire-Atlantique).svg
Blain Hafen.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) シャトーブリアン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 44015
郵便番号 44130
市長任期 ジャン=ミシェル・ビュフ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la région de Blain
人口動態
人口 9491人
2012年
人口密度 93人/km2
住民の呼称 Blinoise, Blinois
地理
座標 北緯47度28分37秒 西経1度45分44秒 / 北緯47.4769444444度 西経1.76222222222度 / 47.4769444444; -1.76222222222座標: 北緯47度28分37秒 西経1度45分44秒 / 北緯47.4769444444度 西経1.76222222222度 / 47.4769444444; -1.76222222222
標高 平均:m
最低:7m
最高:44m
面積 101.72km2
Blainの位置(フランス内)
Blain
Blain
公式サイト http://www.ville-blain.fr/
テンプレートを表示

ブランBlain)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

地理[編集]

県におけるブランの位置

ブランはナントの40km北、ナント・ア・ブレスト運河沿いにあり、ガヴルの森に近い。イサク川が流れる。

境界を接するコミューンは、フェ・ド・ブルターニュ、ノートル=ダム=デ=ランド、エリク、ラ・シュヴァルレ、ラ・グリゴネ、ヴェ、ル・ガヴル、ガンルエ、そしてブーヴロンである。

2010年にINSEEがまとめた順位表によれば、ブランは他から孤立してバンリューのない単体の都市的地域で、ナント都市空間の一部となっている。

かつてローマ街道の交差路であったため、ブランはナント、ルドンアンジューの間にある重要な商業地となってきた。

由来[編集]

地元で話されるガロ語では、BlainのつづりがBlaenとなる[1]

歴史[編集]

ブランは、発掘作業中に見つかった、多くの遺跡で有名な、ガロ=ローマ時代の都市であった。発掘物の多くがコミューン内の博物館で見ることができる。

ナントとレンヌの中間、そしてナントとルドンの中間にブランがあった。ガリア系のナムネテス族の土地の中にあるブランは、征服地における駐屯地にふさわしい場所だった。ローマ人はこの目的のために土地を利用することに成功した。その後やってきたフランク族も、この地の戦略的な重要性を理解していた。

しかし、高地を好んだローマ人に対して、そこは監視場所に利用することも可能だった。彼らはイサク川の岸に砦を築いた。そこにはおそらくケルト人が駐屯した。

Castrum-Bableniの名で歴史上に知られるこの要塞は、当時の要塞がそうであったように、非常に単純な構造をしていた。2列の深くて幅広い堀が馬蹄状に川を囲んでいた。巨大なモット・アンド・ベーリーは柵と木製のダンジョンに取り囲まれていた。要塞は繰り返し破壊され、時間をかけて改良されていった。843年におきたブランの戦いでは、ブルトン軍がナント勢に勝利している。

1108年頃、ブルターニュ公アラン4世はブランを領有し、領主として振舞った。こうして軍事的重要性を持つ城が建設された。花崗岩がヴィニューやル・タンプル=ド=ブルターニュから切り出された。城の構造は絶えず変更された。後に城主となったクリソン家、ロアン家は、真の建設者として貢献した。

ヴァンデ戦争の間、ヴァンデ軍の残党はブーヴロンの町を経由してブランに入り、死体の山を築いた。彼らが滞在した3日間、教会が開かれ、ミサが挙げられた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
6531 7052 7153 7366 7434 7731 8544 9491

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • グルレ城 - 通称はブラン城。中世から続く要塞の地にロアン家が建設させた。
  • サン・ロック礼拝堂 - 1450年、アラン9世・ド・ロアンが、ペスト流行に対する加護の感謝として建設。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]