ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル
ローランド・カークスタジオ・アルバム
リリース
録音 リージェント・サウンド・スタジオ
ジャンル ジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ジョエル・ドーン、ローランド・カーク
専門評論家によるレビュー
ローランド・カーク 年表
カーカトロン
(1977年)
ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル
(1978年)
テンプレートを表示

ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル』(Boogie-Woogie String Along for Real)は、1978年ワーナー・ブラザース・レコードから発表されたローランド・カークスタジオ・アルバム。カークは1977年12月5日に死去しており[1]、本作は遺作として発表された。

解説[編集]

当時カークは腎臓障害により人工透析治療を行っており、ツアー及び本作のレコーディングには、透析コーディネーターが随伴していた[2]。クレジットには録音年月日は明記されていないが、プロデューサーのジョエル・ドーンによれば、カークの死の2週間前にレコーディング・セッションが終了したという[2]

「ドルサーンズ・ウォーク」は、カークの妻ドルサーンの早足で歩く癖に由来した曲で[3]、エンディングには、カークの葬儀が終わった週に録音されたドルサーンの靴音が追加されている[2]パーシー・ヒースが提供した「ウォーターゲイト・ブルース」は、後にヒースの所属バンドであるモダン・ジャズ・カルテットのアルバム『エコーズ』(1984年)でも録音され[4]、更にヒースのリーダー・アルバム『A Love Song』には2002年の演奏が収録された[5]

Thom Jurekはオールミュージックにおいて5点満点中3.5点を付け「発作に倒れてからのカークは、自身が作ろうとしていた音楽の構想と闘っていた。それは『ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル』で結実した」と評している[6]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はローランド・カーク作。

  1. ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル - "Boogie Woogie String Along for Real" - 8:53
  2. アイ・ラヴズ・ユー、ポーギー - "I Loves You, Porgy" (George Gershwin, Ira Gershwin, DuBose Heyward) - 1:52
  3. メイク・ミー・ア・パレット・オン・ザ・フロア - "Make Me a Pallet on the Floor" (Traditional) - 7:16
  4. ヘイ・ベイブビップス - "Hey Babebips" - 5:07
  5. イン・ア・メロー・トーン - "In a Mellow Tone" (Duke Ellington, Milt Gabler) - 6:15
  6. サマータイム - "Summertime" (G. Gershwin, I. Gershwin, D. Heyward) - 1:40
  7. ドルサーンズ・ウォーク - "Dorthaan's Walk" - 7:11
  8. ウォーターゲイト・ブルース - "Watergate Blues" (Percy Heath) - 6:36

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wilson, John S (1977年12月6日). “Rahsaan Roland Kirk, 41, Jazz Wind Instrumentalist”. New York Times. 2017年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c ジョン・クルース 『ローランド・カーク伝 溢れ出る涙』 林建紀訳、河出書房新社、2005年、259-265頁。ISBN 4-309-26825-0
  3. ^ LPジャケット裏ライナーノーツ(ドルサーン・カーク)
  4. ^ The Modern Jazz Quartet - Echoes (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  5. ^ A Love Song - Percy Heath | AllMusic
  6. ^ Jurek, Thom. “Boogie-Woogie String Along for Real - Rahsaan Roland Kirk, Roland Kirk”. AllMusic. 2017年9月24日閲覧。