カーカトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーカトロン
ローランド・カークスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ジョエル・ドーン、ローランド・カーク
専門評論家によるレビュー
ローランド・カーク アルバム 年表
天才ローランド・カークの復活
(1976年)
カーカトロン
(1977年)
ブギ・ウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル
(1978年)
テンプレートを表示

カーカトロン』(Kirkatron)は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン、ローランド・カーク1977年ワーナー・ブラザース・レコードから発表したアルバム

背景[編集]

「カッコーのセレナーデ」、「バグパイプ・メドレー」、「J.グリフのブルース」の3曲は、1975年7月18日のモントルー・ジャズ・フェスティバルにおけるライブ録音である[1]。また、「ロサンゼルス・ニグロ・コーラス」は出所不明の混声合唱の断片で、「メアリー・マックラウド・ベシューン」はアフリカ系アメリカ人の活動家Mary McLeod Bethune(1955年没)の演説の録音である[2]

クリスマス・ソング」では、ひいらぎかざろうや「そりすべり」のメロディも使用されている[2]。「チュニジアの夜」のレコーディングでは、バックを務めたスタッフのメンバー(ゴードン・エドワーズ、コーネル・デュプリーリチャード・ティー)がこの曲を知らなかったことに対しカークが激怒したというエピソードがあり、共同プロデューサーのジョエル・ドーンによれば、カークは彼らに対して「これは俺の音楽だ。先週演ったことを演るんじゃない」と警告したという[3]

反響・評価[編集]

ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートでは38位に達した[4]スコット・ヤナウオールミュージックにおいて5点満点中2.5点を付け「このLP(カークが殆どテナーの演奏に徹している)は彼の最後から2番目に当たるアルバムで、十分な聴き所が含まれており探してみる価値はある」と評している[5]

収録曲[編集]

  1. カッコーのセレナーデ - "Serenade to a Cuckoo" (Rahsaan Roland Kirk) - 3:40
  2. ジス・マスカレード - "This Masquerade" (Leon Russell) - 5:31
  3. シュガー - "Sugar" (Stanley Turrentine/Words by R. Kirk) - 3:29
  4. ロサンゼルス・ニグロ・コーラス - "Los Angeles Negro Chorus" - 0:28
  5. ステッピン・イントゥ・ビューティー - "Steppin' into Beauty" (R. Kirk) - 6:43
  6. クリスマス・ソング - "The Christmas Song" (Mel Tormé, Robert Wells) - 3:36
  7. バグパイプ・メドレー - "Bagpipe Medley" (R. Kirk) - 2:16
  8. メアリー・マックラウド・ベシューン - "Mary McLeod Bethune" - 0:25
  9. ブライト・モーメンツ - "Bright Moments" (R. Kirk, Todd Barkan) - 4:12
  10. リリコノン - "Lyriconon" (R. Kirk) - 4:11
  11. チュニジアの夜 - "A Night in Tunisia" (Dizzy Gillespie, Frank Paparelli) - 5:00
  12. J.グリフのブルース - "J. Griff's Blues" (Public Domain/Arranged by R. Kirk) - 7:44

参加ミュージシャン[編集]

  • ローランド・カーク - テナー・サクソフォーンフルート、マンツェロ、リリコンアレンジ
  • ヒルトン・ルイズ - キーボード(on #1, #2, #3, #5, #7, #9, #10, #11, #12)
  • リチャード・ティー - キーボード(on #2, #11)
  • ウィリアム・S・フィッシャー - アープストリングアンサンブル(on #2, #11)、ストリングス・アレンジ(on #6)
  • トゥルーディ・ピッツ - オルガン(on #6)
  • コーネル・デュプリー - ギター(on #2, #11)
  • ビリー・バトラー - ギター(on #6, #10)
  • マティアス・ピアソン - ベース(on #1, #7, #10, #12)
  • ゴードン・エドワーズ - ベース(on #2, #11)
  • ミルトン・サグス - ベース(on #3, #5)
  • バスター・ウィリアムズ - ベース(on #9)
  • ソニー・ブラウン - ドラムス(on #1, #7, #12)
  • ジミー・マディソン - ドラムス(on #2, #11)
  • ウォルター・パーキンス - ドラムス(on #3, #5)
  • ビル・カーニー - ドラムス(on #6)
  • チャーリー・パーシップ - ドラムス(on #9)
  • ジェリー・グリフィン - ドラムス(#10)
  • トッド・バルカン - パーカッション(on #1, #7, #12)
  • トニー・ウォーターズ(on #3, #5)
  • ラドリー・シボデュー - タンブリン(on #2)
  • スティーヴ・トゥーレ - トロンボーン(on #2, #3, #5, #11)
  • ハワード・ジョンソン - チューバ(on #9)
  • ロメオ・ペンク - 木管楽器(on #9)
  • サンフォード・アレン - ヴァイオリン(on #6)
  • アルフレッド・ブラウン - ヴィオラ(on #6)
  • セルワート・クラーク - ヴィオラ(on #6)
  • カーミット・ムーア - チェロ(on #6)
  • マイケル・ヒル - ボーカル(on #3)
  • ミルトン・グレイソン、アーサー・ウィリアムズ、ランディ・ペイトン、メイリサ・スチュワート、ヒルダ・ハリス、エイドリアン・アルバート、フランシーヌ・キャロル - バッキング・ボーカル(on #9)
  • フランク・フォスター - アレンジ(on #9)

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Roland Kirk Discography”. Jazz Discography Project. 2017年11月4日閲覧。
  2. ^ a b 2013年再発CD (WPCR-27269)ライナーノーツ(後藤誠)
  3. ^ ジョン・クルース『ローランド・カーク伝 溢れ出る涙』林建紀訳、河出書房新社、2005年、97頁。ISBN 4-309-26825-0
  4. ^ Rahsaan Roland Kirk - Awards”. AllMusic. 2016年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月4日閲覧。
  5. ^ Yanow, Scott. “Kirkatron - Rahsaan Roland Kirk”. AllMusic. 2017年11月4日閲覧。