アーヴェル・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーヴェル・ショウ
Velma & Friends.jpg
左から: ジャック・ティーガーデンサンタ・デ・サンティス Sandy DeSantisヴェルマ・ミドルトン Velma Middletonフレイザー・ マクファーソン Fraser MacPherson, コージー・コール、アーヴェル・ショウ、アール・ハインズバーニー・ビガード。1951年3月17日。パロマ・スーパー・クラブ Palomar Supper Club にて。
基本情報
出生名 アーヴェル・ショウ
生誕 (1923-09-15) 1923年9月15日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州セントルイス
死没 (2002-11-05) 2002年11月5日(79歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ルーズベルト
ジャンル ディキシーランド・ジャズスイング
職業 コントラバス奏者
担当楽器 コントラバス
共同作業者 フェイト・マラブル
ルイ・アームストロング
ルイ・アームストロング・オールスターズ
デディ・ウィルソン・トリオ
ラス・ケイス
ベニー・グッドマン

アーヴェル・ショウ(Arvell Shaw 1923年9月15日ミズーリ州セントルイス - 2002年11月5日ニューヨーク州ルーズベルト)は、アメリカ人のジャズコントラバス奏者であり、ルイ・アームストロングと演奏したことで非常によく知られている。

ショウは、高校でチューバの演奏を習ったが、後にコントラバスに転向した。1942年ミシシッピ川を航行するリバーボート川船)で、フェイト・マラブル Fate Marable と演奏したが、その後1942年から1945年まで海軍で勤務した。海軍を除隊後、1945年から1947年まで、ルイ・アームストロングの最後のビッグ・バンドで彼と演奏した。ショウとシド・キャットレット Sid Catlett はその後、ショウが音楽の勉強を急にやめた1950年まで、ルイ・アームストロング・オールスターズに加わっていた。ショウは1952年から1956年まで、再びルイ・アームストロングと共に演奏を行った。彼はこの後引き続きラス・ケイス Russ CaseCBS で演奏し、デディ・ウィルソントリオで演奏させられ、1958年ブリュッセル万国博覧会ベニー・グッドマンと演奏をした。ショウはヨーロッパで何年か過ごした後、1962年中央アメリカツアーで再びベニー・グッドマンと演奏をした。1962年から1964年まで、ショウは再びルイ・アームストロングと演奏をし、その後も1960年代の終わりまでを通じて、ちょくちょくルイ・アームストロングと共に演奏をした。1960年代以降、ショウはたいていは非専属の自由契約でニューヨークで活動していた。ショウは自分自身で楽団を率いて録音活動をすることは一度もなかった。

関連項目[編集]