フレデリック・ウェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・ウォルター・スティーヴン・ウェスト
Frederick Walter Stephen West
個人情報
生誕 1941年9月29日
イギリスの旗 イギリスヘレフォードシャー州
死没 1995年1月1日(満53歳没)
イギリスの旗 イギリスバーミンガム
死因 独房で首吊り自殺
有罪判決 殺人罪
判決 終身刑
殺人詳細
犠牲者数 12人
犯行期間 1964年1992年
イギリス
逮捕日 1994年2月24日

フレデリック・ウォルター・スティーヴン・ウェスト(Frederick Walter Stephen West 1941年9月29日 - 1995年1月1日)はイギリスシリアルキラー(連続殺人者)である。妻のローズとともに若い女性を惨殺し遺体をグロスタークロムウェル通り25番地の自宅の庭などに埋めた。逮捕後、自宅は「恐怖の館」と呼ばれ世界中に報道され注目された。

経歴[編集]

ウェストはヘレフォードシャー州マッチ・マークル英語版村に八人兄弟(但しその内の姉と弟がそれぞれ夭折している)の長男として生まれた。彼によるとウェストの父ウォルターは「娘を犯すのは娘をつくった父親の特権」と言いはばってウェストの妹と父娘相姦をしたり、子供に獣姦の教育を行っていたとされ、そんな父親を死ぬまで尊敬していたという。また彼は母デイジーからもまた性的虐待を含む激しい体罰を加えられており、「村のみんながやっている」と言われて母子相姦をしたという。 彼はやがて嘘でもおべっかでもひたすらしゃべることにより多くの女性と性行為に耽るようになり、母親は激しく嫉妬ししばしば彼をひっぱたいた。やがて彼は13歳の妹との性行為で告発され裁判にかけられたが、「みんなもやっていることだろ?」ときょとんとしており結局は釈放された。

この事件により実家から出ることを余儀なくされたウェストはパキスタン人男性との間で妊娠していたスコットランドグラスゴー出身の売春婦リーナ(キャサリン)・コステロ(1944年-1971年)と出会った。彼はそれまで多くの性行為を繰り返していたが、倒錯的な性行為は初めてだったためにあっという間に彼は彼女にはまり込んで結婚してグラスゴーへ移住した。パキスタン人との間の義理の娘・シャーメイン(1963年-1971年)が生まれ、続いて1964年にはウェストの実の娘・アンも生まれた。この妻の友人(2人の子供乳母として同居していたがウェストの子を身ごもっていた。)を殺害したのが連続殺人の始まりだった。

グラスゴーからイングランド南西部のグロスターへ再び移住してから彼は1968年末にローズマリー・レッツ(1953年生まれ)と出会った。彼女の父親は統合失調症で攻撃的行動に陥りやすく、母親は不安と鬱病のためローズマリーを身ごもっていた前後に電気けいれん療法 (ECT) を行われていた。

ローズマリーの父親は彼女と性行為を行なっており彼女もまた世話を任されていた年下の弟妹と性行為をしていた。ローズマリーをウェストに会わせないように彼女の両親が裁判所命令を取りつけようとしているのを知り、ウェストはローズマリーを妊娠させ1970年10月17日に女児が産まれた。1969年1月から1971年8月頃に妻リーナを1971年7月頃に義理の娘を殺害した彼は1972年1月29日にローズマリーと再婚した。さらにウェストは8歳になった実の娘と性行為を行ない(この際義理の母ローズも協力した)。15歳のときには娘は父親の子を妊娠したが、子宮外妊娠だったので子供が産み落とされることはなかった。彼女は16歳の時に家から逃亡した。

この頃から彼は女性を誘拐して強姦殺人を繰り返すようになった。手足の指を切り落とす、手首を切り落とす、膝を叩き切る、膝蓋骨を抜く、肋骨と胸骨を取り除く、首と胴体を切り離すなどの行為を行った。彼は遺体を徹底的に解体するのを好んだ。なぜなら、彼女達から人間性を剥奪することは相手に対する究極の支配権を得るからである。

ローズマリーは売春行為で稼ぎながら実の父親と性交をし続け、ウェストはそれを壁の穴から覗いて興奮していた。1983年にローズマリーは8番目の子を生み、直後に不妊手術を受けた。その後も更にウェストとの間に5人、混血児を3人出産している。

ウェストはローズマリーとの間にもうけた娘達も強姦した。拒む娘を「レズビアンだからだ」と非難する。神経が狂い呆然としてしまうと「薬物中毒だ」と決めつけた。やがて1987年6月に娘の一人(ウェストとローズマリーの1970年生れの第一子)も殺害。

1992年8月、娘の友人の12歳の少女が巡査に話したことで同月フレデリック・ウェストは娘たちに対する強姦3件、獣姦1件の容疑で逮捕される。同時に5人の子供たちに対する緊急保護命令が出る。ローズマリーも「残虐行為」及び「児童に対する不法性交の奨励」で逮捕された。1993年6月、ウェスト夫妻は法廷に立たされるが、証人である彼らの子供が証言を拒んだため、二人は無罪になった。

しかし1994年2月に殺害した娘の件でグロスター署の捜査チームが正式な捜査令状を持って彼の自宅を訪れ翌日ウェストは娘の殺害を自供。「殺意はなかった、事故だ」と主張したが自宅の庭から足が「3本」出てきたために捜査は続きウェストは3月上旬にかけて12件の殺害を自供。被害者には著名な作家キングズリー・エイミスも含まれていた。

1995年元日ウェストはローズマリーに「新年おめでとう。ありったけの愛をこめて」と書き残し、裁判にかけられる前に王立バーミンガム(ウィンソン・グリーン)刑務所の独房で首吊り自殺を果たした。同年11月、ローズマリー・ウェストは10件の終身刑を受けて控訴棄却され確定。後に弟も姪ともうひとりの少女への強姦罪によって逮捕されたが同じく獄中で縊死している。

グロスタークロムウェル通り25番地にあった自宅の「恐怖の館」は、周辺住民の希望もあり取り壊されて現在は歩道になっている[1][2]

被害者[編集]

前述したように、ウェストの虚言癖やローズの黙秘もあり、正確な犠牲者の数は分かっていない。 最後の殺害は前の殺人と8年の開きがあることから、正確な犠牲者の数は判明している分よりも多いと推測できる。

  • アンナ・マクフォール (Anna McFall)
  • シャーメイン・ウェスト (Charmaine West)- リーナ・ウェストのパキスタン人との間の娘
  • リーナ(キャサリン)・ウェスト (Rena West / Catherine Bernadette Costello West)- ウェストの最初の妻
  • リンダ・ゴフ (Lynda Gough)
  • キャロル・アン・クーパー (Carol Ann Cooper)
  • ルーシー・パーティントン (Lucy Partington)
  • テレーズ・シーゲンターラー (Therese Siegenthaler)
  • シャーリー・ハバード (Shirley Hubbard)
  • ワニータ・モット (Juanita Mott)
  • シャーリー・ロビンソン (Shirley Robinson)
  • アリソン・チェンバーズ (Alison Chambers)
  • ヘザー・アン・ウェスト (Heather Ann West)- ウェストとローズマリーの娘

他にも1968年にメアリー・バストホーム(Mary Bastholm)という15歳の少女が行方不明になっており、消息を絶つ直前にウェストと一緒にいるところを目撃されていることから、彼女もウェストの手にかかったと見られている。ただしメアリーの殺害についてはウェストは否認しており、死体も発見されていない。

参考文献[編集]

  • 「恐怖の館―殺人鬼フレデリック・ウェストの生涯」(ジェフリー ワンセル,訳 飯島宏)ISBN 410537401X

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]