フランソワーズ・モレシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランソワーズ・モレシャン(Françoise Moréchand、1936年3月29日 - ) はフランスのライフスタイルアドバイザー、エッセイストユネスコ日本協会スペシャルアドバイザー。元シャネル美容部長。外国人タレントの走りとされる。

夫は映画評論家の永瀧達治

略歴[編集]

父は亡命ポーランド人技師、母はフランス人ナチスのパリ占領からトゥールーズに疎開。パリ解放直前にパリに戻る。 中国語かロシア語の通訳を目指したが、敗戦国・日本の将来性に賭けソルボンヌ大学日本語学科卒業後の1958年に来日。自宅でフランス語教室を開きながら、JAL外務省でフランス語を教える。 その後、NHKフランス語会話で講師を務め人気を集め、テレビ朝日の「フォックス名画座」など、多数の番組に出演。

1964年に一旦フランスに帰国。クリスチャン・ディオールレブロンを経て1974年にシャネル美容部長として再来日。2004年、母国フランスの最高勲章である、レジオンドヌール勲章を授与された。2009年には、国家功労勲章を授与された[1]

前夫のギイ・モレシャンは社会学者。娘のアガタ・モレシャンもフランス語会話の講師を務めた。

その他[編集]

  • 和食にも親しんでおり、「日本食の中で最も好きな物は焼き鳥。一番のごちそうは焼き鳥のタレをごはんにかけて食べること。ちょっとお行儀悪いけどね。」と語っている。

出演[編集]

CM[編集]

映画[編集]

  • 娘と私(1962年) - 岩谷エレーヌ 役
  • 若い人(1977年) - マドモワゼル・マリー 役

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 『F.モレシャンの失敗しないおしゃれ ファッションから男女交際法まで“ひと味”ちがう女性』主婦と生活社 1975 のちワニ文庫
  • 『F.モレシャンの失敗しない生き方 傲慢なくらい幸せを求めるあなたに』主婦と生活社, 1976
  • 『エレガンスってなに?』講談社 1978 のちワニ文庫
  • 『F・モレシャンの知らなかったおしゃれ』主婦と生活社 1978
  • 『F・モレシャンのパリジェンヌは食いしん坊 おしゃれ上手の料理の本』主婦と生活社, 1979
  • 『女の子のおしゃれ・冒険ノート 差をつけちゃう!着こなしから、はじめてのメークまで』主婦と生活社, 1980
  • 『娘たちよ、はばたけ』文化出版局 1983(のち、『娘たち、はばたきなさい』三笠書房・知的生きかた文庫
  • 『F.モレシャンのインテリアおしゃれ “さすが”といわせるお部屋のセンスアップ術』主婦と生活社 1983
  • 『フランス女性の家事のさぼり方 自分の時間をもっと楽しむ法』ベストセラーズ 1983(のち、『フランス流家事の楽しみ方』ワニ文庫 
  • 『セーヌ左岸そだち フランス風女の生き方』旺文社文庫 1986
  • 『オハシ持チマショ やさしさのコミュニケーションを求めて』朝日新聞社 1986
  • 『パパのいる日曜日 激動のフランスを生きた父娘の物語』フレーベル館 1986
  • 『ラ・ガイジン 日本と結婚した女』永滝達治訳 講談社 1991
  • 『娘アガタへの手紙 国際化時代の女性の生き方・愛し方』ロングセラーズ 1993
  • 『「まじめさ」が美しい時代』講談社, 1993
  • 『モレシャンの劇場日記』新書館 1996
  • 『おしゃれに奇跡はありません フランソワーズ・モレシャンのエレガントな人生案内』フェリシモ 2005
  • 『アプレカランタン いくつになっても失敗しないおしゃれ』主婦と生活社, 2006

共著編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “フランソワーズ・モレシャン氏が国家功労勲章コマンドゥールを受章” (プレスリリース), 在日フランス大使館, (2009年4月22日), http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article3472 2010年1月5日閲覧。