フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン
Françoise Madeleine d'Orléans
Francoise Madeleine d'Orleans (1648-1664) Duchess of Savoy, French school.jpg
出生 (1648-10-13) 1648年10月13日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=ジェルマン=アン=レー
死去 (1664-01-14) 1664年1月14日(15歳没)
トリノ
埋葬  
トリノ大聖堂英語版
配偶者 サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世
父親 オルレアン公ガストン
母親 マルグリット・ド・ロレーヌ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアンFrançoise Madeleine d'Orléans, 1648年10月13日 - 1664年1月14日)は、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世の最初の妃。父はフランス王ルイ13世の弟オルレアン公ガストン、母はその2番目の妃マルグリット・ド・ロレーヌ。イタリア名はフランチェスカ・マッダレーナ・ドルレアンスFrancesca Maddalena d'Orléans)。

1663年にカルロ・エマヌエーレ2世と結婚した。カルロ・エマヌエーレの母マリーア・クリスティーナはオルレアン公の姉であり、カルロ・エマヌエーレとフランソワーズ・マドレーヌとは従兄妹であった。結婚から1年とたたずに翌1664年、フランソワーズ・マドレーヌは子供を生むことなく早世し、トリノ大聖堂英語版に葬られた。

カルロ・エマヌエーレは間もなく1665年にサヴォイア家傍系のマリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムール(サヴォワ=ヌムール家)と再婚し、のちにサルデーニャ王となるヴィットーリオ・アメデーオ2世をもうけた。