フランシスコ・ホセ・サンダサ・アセンシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンダサ第二姓(母方の)はアセンシオです。
フランシスコ・サンダサ Football pictogram.svg
Fran Sandaza.jpg
名前
本名 フランシスコ・ホセ・サンダサ・アセンシオ
Francisco José Sandaza Asensio
愛称 フラン[1]
ラテン文字 Francisco Sandaza
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン[2]
生年月日 (1984-11-30) 1984年11月30日(33歳)
出身地 トレド
身長 187cm[2]
体重 80kg[2]
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 青島黄海足球倶楽部
ポジション FW
利き足 右足
ユース
スペインの旗 レガネス
スペインの旗 コスラダ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 スペインの旗 トレド 7 (1)
2004-2008 スペインの旗 バレンシアB 36 (23)
2005-2006 スペインの旗 オンダ (loan) 12 (4)
2007 スペインの旗 プソル (loan) 20 (9)
2008-2010 スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッド 38 (11)
2010-2011 イングランドの旗 ブライトン & ホーヴ・アルビオン 15 (2)
2011-2012 スコットランドの旗 セント・ジョンストン 29 (14)
2012-2013 スコットランドの旗 レンジャーズ 14 (2)
2013-2014 スペインの旗 ルーゴ 26 (5)
2014-2015 スペインの旗 ジローナ 38 (16)
2015-2016 日本の旗 FC東京 9 (0)
2016-2017 スペインの旗 ジローナ 34 (9)
2017 カタールの旗 アル・アハリ (loan)
2018- 中華人民共和国の旗 青島黄海
1. 国内リーグ戦に限る。2017年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランシスコ・サンダサ(Francisco José Sandaza Asensio、1984年11月30日 - )は、スペインカスティーリャ・ラ・マンチャ州トレド出身の[3]プロサッカー選手。ポジションはフォワード[2]

経歴[編集]

2003年に地元クラブのCDトレドでトップデビューを果たし、2004年からはバレンシアCF・メスタージャでプレー。2007-08シーズンには得点量産に成功したが[4]、スペイン国内クラブからの好オファーを得られなかった。

現役を引退し警察官になることを考えていたが[5][6]、2008年7月にスコティッシュ・プレミアリーグ(SPL)ダンディー・ユナイテッドFCとの契約を結んだ[4]。チーム最多の10得点を挙げたが、翌シーズンは負傷により振るわず、契約を解除。2010-11シーズンはブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCでプレーした。2011年7月、セント・ジョンストンFCに1年契約で加入[7]。得点源としてチームを牽引し、目標のヨーロッパリーグ予選出場権を確保した。

2012年8月、レンジャーズFCへ移籍。レンジャーズは破産によって4部リーグからの再スタートを強いられていたが、最速でのSPL復帰を見越してサンダサとは好待遇での4年契約を結んでいた[8]。2013年3月、サンダサはエージェントを騙る者からの電話に対し、上記契約の細部を開示し他クラブへの移籍についても好意的に応じる旨を発言[9][8]。この会話が公にされたことでクラブからの不審を招き[9][8]、同年7月の契約解除に合意した。

2013年7月、5年ぶりにスペインでのプレーを選び、CDルーゴに加入[10]。翌年にはジローナFCへ移籍し、16得点の活躍で[3]クラブを過去最高位となる2部3位にまで引き上げるも、プレーオフで無得点に終わり、クラブ創設以来初の1部昇格を逃した。

2015年7月、JリーグFC東京へ移籍[11]。登録名はサンダサ[2]。身体の強靭さは見せたものの[12]、戦術に適応できず[13]先発出場の機会は僅かだった。冬の移籍市場ではスペインの複数クラブから興味を持たれたが日本での成功を望み[14]、FC東京に残留。2016年1月、Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ最終戦では途中出場から橋本拳人の決勝点をアシストし同大会の優勝に貢献したが[15]リーグ戦での出場機会は限られていた。ターンオーバーにより先発した同年3月のACLビンズオン戦では打点の高いヘディングでネイサン・バーンズの得点をアシストするなどパワフルなプレーで見せ場を作った一方[16]PKの失敗を含め[17]自身のシュートは決定力を欠いた[16]。同月末、FWムリキ獲得のための外国籍選手枠を空けるというクラブ方針により[18]、FC東京との契約を解除[19]

同年7月、古巣ジローナFCに復帰[3]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2003-04 トレド セグンダB 7 1 - - 7 1
2004-05 バレンシアB テルセーラ - -
2005-06 オンダ - -
2006-07 バレンシアB セグンダB 14 1 - - 14 1
2006-07 プソル テルセーラ - -
2007-08 バレンシアB 33 17 - - 33 17
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2008-09 ダンディー 11 SPL 31[※ 1] 10 2 0 1 0 34 10
2009-10 7[※ 1] 1 0 0 1 0 8 1
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2010-11 ブライトン 21 FL1 15 2 0 0 4 2 19 4
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2011-12 St.ジョンストン 21 SPL 29 14 2 2 3 1 34 17
2012-13 レンジャーズ 9 SFL3 14 2 2 0 1 0 17 2
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2013-14 ルーゴ 9 セグンダ 26 5 1 0 - 27 5
2014-15 ジローナ 21 38[※ 1] 16 0 0 - 38 16
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 FC東京 21 J1 8 0 1 0 0 0 9 0
2016 1 0 - - 1 0
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2016-17 ジローナ 21 セグンダ -
通算 スペイン セグンダ 64 21 1 0 - 65 21
スペイン セグンダB 21 2 0 0 - 21 2
スペイン テルセーラ -
スコットランド SPL 67 25 4 2 5 1 76 28
スコットランド SPL3 14 2 2 0 1 0 17 2
イングランド FL1 15 2 0 0 4 2 19 4
日本 J1 9 0 1 0 0 0 10 0
総通算 190 52 8 2 10 3 208 57
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 FC東京 21 1 0
通算 AFC 1 0
その他の公式戦出場
  • 2012年 スコティッシュチャレンジカップ 2試合0得点
その他の国際大会出場

2016年

出場歴
  1. ^ a b c プレーオフを含む。

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 5戦ぶり2発も、まだまだ武藤に及ばない? F東京FW前田「あれだけの選手だから」 ゲキサカ(2015年7月30日)
  2. ^ a b c d e 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2015年7月10日)
  3. ^ a b c Sandaza tornarà a vestir la samarreta del Girona ジローナFC (2016年7月8日)(カタルーニャ語)
  4. ^ a b SANDAZA SIGNS FOR UNITED”. 2012年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月11日閲覧。 ダンディー・ユナイテッドFC (2008年7月11日)(英語)
  5. ^ Sandaza ignores Spanish interest BBCニュース・オンライン (2009年5月3日)(英語)
  6. ^ Francisco Sandaza: I almost quit football to become a cop Daily Record (2009年5月3日)(英語)
  7. ^ SAINTS SNAP UP STRIKER SANDAZA Archived 2011年10月4日, at the Wayback Machine. セント・ジョンストンFC (2011年7月25日)(英語)
  8. ^ a b c ライバルチームのファンの痛烈ドッキリ? だまされたスペイン人FWをレンジャーズが解雇 ザ・ワールド (2013年4月5日)
  9. ^ a b Rangers suspend striker Francisco Sandaza over 'hoax' phone call BBCニュース・オンライン (2013年3月22日)(英語)
  10. ^ Fran Sandaza se compromete con el CD Lugo CDルーゴ (2013年7月21日)(スペイン語)
  11. ^ サンダサ選手 加入のお知らせ”. FC東京. 2015年7月8日閲覧。
  12. ^ 【J1採点&寸評】FC東京×松本 サッカーダイジェストWeb (2015年9月26日)
  13. ^ Vam ser víctimes d´una última jornada de Lliga lamentable en què se´ns va faltar al respecte Diari de Girona (2015年11月6日)(スペイン語)
  14. ^ Fran Sandaza: "No pienso en volver sino en respetar mi contrato en Japón" en:Cadena SER (2016年1月14日)(スペイン語)
  15. ^ FC東京が東京Vとのダービーを制し、沖縄ラウンド初代王者に輝く SOCCER KING (2016年1月30日)
  16. ^ a b 【ACL】FC東京が格下に辛勝。カウンターで先制されるも、後半の3ゴールで連敗を止める サッカーダイジェストweb (2016年3月1日)
  17. ^ Tokyo vs. Binh Duong 3-1 SOCCERWAY (英語)
  18. ^ FC東京“ACL得点王”FWムリキ獲得! FWサンダサとは契約解除 スポーツニッポン (2016年3月28日)
  19. ^ サンダサ選手 契約解除のお知らせ FC東京 (2016年3月28日)
  20. ^ Hamilton Academical - Dundee United worldfootball.net(英語)
  21. ^ Dundee United - Celtic FC worldfootball.net(英語)
  22. ^ Plymouth Argyle - Brighton & Hove Albion worldfootball.net(英語)
  23. ^ Brighton & Hove Albion - Oldham Athletic worldfootball.net(英語)
  24. ^ CD Lugo - CD Numancia worldfootball.net(英語)
  25. ^ FC Barcelona B - CD Lugo worldfootball.net(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]