フランク・シップウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランク・エドウィン・シップウェイ(Frank Edwin Shipway, 1935年7月9日 - 2014年8月6日)は、イギリス指揮者

略歴[編集]

バーミンガムの生まれ。幼少期より父親にピアノを学び、ロンドン王立音楽大学に進学してピアノを専攻したが、在学中に指揮法に興味を持つようになった。マルケヴィチバルビローリに師事した後、カラヤンの助手も経験している。1963年に南西エセックス交響楽団の音楽監督となり[1]、同楽団がフォレスト・フィルハーモニー協会に名称変更した後も1991年まで音楽監督として在任した。1973年にはベルリン・ドイツ・オペラロリン・マゼールの助手、1985年から1988年までDR放送交響楽団1989年から1991年までベルギーロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を歴任。イタリア国立放送交響楽団の初代首席指揮者を1994年から4年間つとめた。また1996年から1999年までベルギーBRT放送フィルハーモニー管弦楽団(現ブリュッセル・フィルハーモニック)、1999年よりザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団で首席指揮者、芸術監督として活動。1995年にイタリア国立放送交響楽団とともに来日し、東芝グランドコンサートに出演した。またブリュッセル王立音楽院の教授として後進の指導に当たる。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と協演したマーラー交響曲第5番は高い評価を得ている[2]

2014年8月5日ウィルトシャー交通事故に遭い、翌8月6日に死去した。享年79歳[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/11066356/Frank-Shipway-obituary.html
  2. ^ a b Norman Lebrecht (2014年8月7日). “Road tragedy: British conductor is killed”. Slipped Disc. 2014年8月15日閲覧。
  3. ^ World-renowned conductor Frank Shipway, 79, killed in Wiltshire car crash”. Western Daily Press (2014年8月7日). 2014年8月15日閲覧。