フライングキッド市原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライングキッド市原
プロフィール
リングネーム フライングキッド市原
フライングキッ道市原
えべっさん(2代目)
レイ・パンディータ
オーニタ・ジュニア
ハンニャ
市原 昭仁
本名 市原 昭仁
身長 170cm
体重 85kg
誕生日 (1969-01-25) 1969年1月25日(48歳)
出身地 徳島県徳島市
所属 四国OHENROエンターテイメント
トレーナー 大仁田厚
ターザン後藤
デビュー 1990年5月12日
テンプレートを表示

フライングキッド市原(フライングキッドいちはら、1969年1月25日 - )は、日本プロレスラーである。四国活性化事業四国OHENROエンターテイメントの所属であり、自ら代表も務める。本名は市原 昭仁(いちはら あきひと)。徳島県徳島市出身。身長170cm(公称、実際は160cm強)・体重85kg。徳島市内のお好み焼き店の「ムーンサルト」のオーナーであり、ご当地グルメでの、まちおこし団体「とくしま豆天玉連」の理事も務める。

経歴[ソースを編集]

FMW1期生として、1990年1月17日、熊本県熊本小国ドームにて、本名の市原昭仁として森重正臣とエキシビション・マッチでデビュー。正式なデビュー戦は、同年5月12日の尾内淳(現:ウルトラマンロビン)戦。

当時は無理矢理体を大きくしようと、無理なウエイトアップを行った為、肥満体型のアンコ型レスラーで、得意技に雷電ドロップ(ジャンピング・ヒップドロップ)を使用するなど、後の空中殺法を得意とするレスラー像とはかけ離れていた。

その後、1992年5月にメキシコへの武者修行に旅立ち、同地のプロレス団体WWAのリングを主戦場に、ハンニャのリングネームで活躍するが、このメキシコ遠征で、肉体改造に着手し、大減量の末、スマートな体型に変わり、空中殺法を得意とするようになる。

その翌年の1993年2月、リングネームをオーニタ・ジュニアと改め「大仁田厚の息子」と言うギミックでメキシコで活躍し、日本に帰国する(日本でも一時期、オーニタ・ジュニアのリングネームを使用していたが、大仁田厚の息子というギミックが日本では荷が重かったのか、本名の市原昭仁に戻して試合を行っている)。

その後、同じようにメキシコに武者修行し、凱旋帰国したハヤブサが次期エースとして期待されたのに比べ、覆面レスラーのレイ・パンディータとしてパンダの着ぐるみを着用し、色物レスラーとして扱われるという、本人からすれば不本意な扱いを受け、1995年4月、ターザン後藤ミスター雁之助と共にFMWを退団。真FMWを結成し、現在のリングネームであるフライングキッド市原に改名する(なお、FMWを離脱した本当の理由は、現在でも口を固く閉ざしている)。

以降IWAジャパンをはじめ、インディー団体を渡り歩いた後、1997年1月、ミスター雁之助とともにFMWに復帰。真FMWとしてFMW正規軍に敵対。一時、フライングキッ道市原を名乗り冬木軍プロモーションに所属したが、離脱し最終的にはFMW正規軍に落ち着く。

FMWがエンターテイメント路線になってからは、色男キャラとして荒井薫子(荒井昌一社長の姪というギミック)と草凪純との間で自身のマネージャーをかけた争いを演出するなどするが、FMWが倒産した後はWMFに活動の場を移す。その後離脱し、現在はフリーランスとして様々なインディー団体で活動している。

2013年9月、四国の文化の振興を目的として「四国OHENROエンターテイメント」を立ち上げる。

2015年3月、フライングキッド市原25周年記念大会を開催する事を発表した。

エピソード[ソースを編集]

  • 中学を卒業後、高校へは進学せずにレスラーを志したが、身体の大きくなかった市原は周囲の反対を受けた。デビュー後にこう語っている。「俺、みんなに『お前には無理だ』『やめろ』って反対されたとき、そういうことをいう大人には絶対にならないって決めたんですよ」(『メキシコホテル』)
  • まちおこし団体「とくしま豆天玉連」の理事に選ばれた時、「後輩にだまされた」と言っている。
  • 一年365日、自身のブログを欠かす事なくアップしている。

メディア出演[ソースを編集]

2014年
2013年
  • たまたま金曜日(テレビトクシマ)
  • トク6(NHK徳島)
  • となりのラジオ(四国放送ラジオ)

外部リンク[ソースを編集]