フェリー屋久島2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリー屋久島2
Ferry Yaku-Shima No2 JAPAN.jpg
宮之浦港に入港する「フェリー屋久島2」
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運用者 折田汽船
建造所 山西造船鉄工所
建造費 約38億円[1]
信号符字 JM6244
IMO番号 9057599
経歴
起工 1992年
進水 1992年
竣工 1993年4月
就航 1993年4月[1]
現況 就航中
要目
総トン数 3,392 トン
全長 122.4 m
登録長 107.00 m
全幅 17.8 m
深さ 12.20 m
満載喫水 7.20 m
機関方式 ディーゼル
出力 13,500 PS
最大速力 22.15ノット
航海速力 21.8ノット
旅客定員 494名
車両搭載数 乗用車26台、バス17台
テンプレートを表示

フェリー屋久島2(フェリーやくしま2)は、折田汽船が運航するフェリー。

概要[編集]

フェリー屋久島の代船として、山西造船鉄工所で建造され、1993年4月に就航した。

航路[編集]

屋久島航路

1日1往復。所要時間は屋久島行が4時間、鹿児島行が4時間10分である。ドック期間中は運休する。

設計[編集]

短距離航路ながら、ツインルームの特等室、展望室などの広いパブリックスペース、展望浴室や多目的ホールなど、船内設備が充実しており、ドーム状の天窓を持つ展望スペースなど建造時期を反映して内装も豪華なものとなっている。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特A客室(2-4名) - 洋室、ツインベット、バス・トイレ付
  • 特B客室(2-4名) - 洋室、ツインベット
  • 特等客室(4-8名) - 和室
  • 娯楽室(6-12名) - カーペット敷
  • 一等客室 - カーペット敷、毛布・枕付
  • 二等客室 - カーペット敷

設備[編集]

パブリックスペース

  • エントランスロビー
  • 展望スペース
  • 展望室

供食・物販設備

  • うどん・そばコーナー
  • 売店

入浴設備

  • 展望浴室(サウナ付)

娯楽設備

  • マガジンコーナー
  • 多目的ホール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “折田汽船(株)ほか2社”. 倒産情報 (東京商工リサーチ). (2007年8月22日). http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1197614_1588.html 2015年2月24日閲覧。 

外部リンク[編集]