フウトウカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウトウカズラ
風藤.jpg
フウトウカズラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: コショウ目 Piperales
: コショウ科 Piperaceae
: コショウ属 Piper
: フウトウカズラ Piper kadsura
学名
Piper kadsura
和名
フウトウカズラ

フウトウカズラ Piper kadsura は、コショウ科蔓植物。日本では暖地に生える。赤くなる実をつける。

概要[編集]

フウトウカズラはよく海岸近くの森林に出現する蔓植物で、日本の暖地では普通に見られる[1]。葉や果実がコショウに似ており、コショウそのものと間違えられたこともあるが、辛みがなく、実用にはならない[2]。植物体には香りがあり、薬用として用いられる例もある。

和名はかつて風藤と間違えたことに依ると、牧野は記している[3]。別にツルゴショウの名もある[4]。なお、この植物は木本ではあるが草本的でもあり、下記参考文献に見るように草本の図鑑にも樹木の図鑑にも掲載されている例がある[5]

特徴[編集]

常緑性で蔓性の木本。全体に香りがある[6]。枝は緑色で、節があってそこから根を下ろす。樹木や岩に這い上がり、枝先は基盤を離れて往々にして垂れる。

葉は互生。はっきりした葉柄があり(長さ1-4cm[7])、葉身は卵形かやや狭い形で長さ5-8cm。縁は全縁(鋸歯がない)で、先端は鋭尖頭で、細長く突き出す。ただし若いものではより丸い葉になることもある[8]。葉身は暗緑色で、厚手でつやがない。裏面には細かい毛があるが、古い葉ではなくなる。羽状に走る葉脈はやや掌状に近く、特に5本が顕著で、表面は脈沿いにややくぼむ。

花は4-5月に咲く。雌雄異株。穂状花序は葉と対生するように出て、柄があって垂れ下がる。花序の長さは3-8cm。雌雄ともに花を密につけ、咲くと黄色くなる。包は盾状で、花は太い花軸にめり込んだような形で生じる[9]

果実は液果で、丸くて径3-4mm。冬を越して赤く熟する[10]。果実を生じた雌花序は最大17cm、径1.5cm程度に大きくなる。種子は球形で径2.5mm[11]

花穂

分布と生育環境[編集]

日本では本州の関東以西から琉球列島、及び小笠原に産する。国外では朝鮮南部や台湾からも知られる。

日本では往々にして海岸林に出現する。根を出して這い上るため、大きな岩が全体に覆い尽くされるのを見るのも希でない[12]。奄美諸島での調査では、人家の生け垣に出現することも多くあり、その場合、ほとんど低地の隆起珊瑚礁地域で見られ、ハマイヌビワガジュマルの下生えとして出る。これは潜在自然植生としてはナガミボチョウジ-ハマイヌビワ群集に相当するとされている[13]

分類[編集]

コショウ属は熱帯域を中心に世界で700種以上あるが、日本では他には小笠原にタイヨウフウトウカズラ P. postersianum があるが、この種は直立生の草本である。

他に琉球列島にはヒハツモドキ P. retrofractum がしばしば野生化している。こちらは形の上では本種とよく似ているが、より葉が薄くてつやがあり、葉裏に毛がない。また五行脈的でない[14]

利用[編集]

九州南部や南西諸島では葉や茎を風呂に入れて薬湯として利用し、神経痛や打撲・骨折に薬効があるとする。セキショウアコウを一緒に使うこともある。また毒蛇の咬傷、・腰痛・健胃に効果があるともされ、また冬に家畜の飼料にしたとも言う。中国では茎を乾燥させたものを海風藤と言って、煎じたものを風邪や関節痛の薬とする[15]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 以下、主たる部分は佐竹他(1982)p.99
  2. ^ 牧野(1961)p.73
  3. ^ 牧野(1961)p.73:ただし風藤の正体については牧野は「国内にない」としか書いておらず、よくわからない。中国語版Wikipediaでは風藤をフウトウカズラのこととしている。
  4. ^ 岡本(1959)p.23
  5. ^ なお、『日本の野生植物』シリーズでは本種を木本編で拾わず草本編に掲載しておきながら、該当の記載文には「木本」と記してあり、自己矛盾を露呈している。
  6. ^ 牧野(1961)p.73
  7. ^ 北村・村田(1961)p.347
  8. ^ 北村・村田(1961)p.347
  9. ^ 北村・村田(1961)p.347
  10. ^ 牧野(1961)p.73
  11. ^ 初島(1975)p217.
  12. ^ 岡本(1959)p.23
  13. ^ 奥田・中村(1988)
  14. ^ 初島(1975)p217.
  15. ^ 堀田(1975),p.52-53

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社
  • 牧野富太郎、『牧野 新日本植物図鑑』、(1961)、図鑑の北隆館
  • 北村四郎・村田源、『原色日本植物図鑑(中)』、(1961)、保育社
  • 岡本省吾、『原色日本樹木図鑑』、(1959)、保育社
  • 初島住彦『琉球植物誌(追加・訂正版)』,(1975),沖縄生物教育研究会
  • 堀田満、「フウトウカズラ」、『植物の世界』9〈朝日百科〉、1997年
  • 奥田重俊・中村幸人、(1988)、「奄美諸島における生垣の植生学的考察」、横浜国大環境紀要、15:pp.167-174