フィッツウィリアム・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Fitzwilliam College
正式名称 Fitzwilliam College
設立者 ケンブリッジ大学
名前の由来 The Fitzwilliam Family
設立 1966 (非カレッジ制の学生寮としては1869より設立)
旧称 Fitzwilliam House, Fitzwilliam Hall
学長 Nicola Padfield
学部生 475
院生 275
姉妹カレッジ オックスフォード大学セイント・エドモンド・ホール英語版
所在地 Storey's Way
The Grove at Fitzwilliam College
Ex antiquis et novissimis optima
(ラテン語, "The best of old and new")
公式ウェブサイト
ボート部ウェブサイト

フィッツウィリアム・カレッジ (: Fitzwilliam College) は、イングランドにあるケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つ。経済学生化学生理学、医学などのノーベル賞受賞者の著名な研究者や、イギリスを含む様々な国の政治家裁判官弁護士実業家を多数輩出しているカレッジとして知られる。現在のフィッツウィリアム・カレッジは、イギリスの自然科学者であったチャールズ・ダーウィンの妻のエマ・ダーウィン英語版が晩年に過ごした別邸ザ・グローブ (The Grove) をシンボルに形成されている。

歴史[編集]

フィッツウィリアム・カレッジは、ケンブリッジ大学の31のカレッジの中で唯一の大学発のカレッジで、特待生奨学生)を受け入れる非カレッジ制の学生寮の一つとして1869年にケンブリッジの中心街のTrumpington Streetにあるフィッツウィリアム美術館の真向かえに設立された[1]。当時はケンブリッジ大学本部の一部として運営されており、フィッツウィリアム・ハウスと呼ばれていた。学生寮時代の初代学長はトリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)のフェローだったラルフ・サマーセット英語版が就任した。1963年にはケンブリッジの北西部のStorey's Wayにカレッジの本部を移し、1966年に現在のフィッツウィリアム・カレッジとして正式に設立された。Trumpington Streetにあったフィッツウィリアム・ハウスは現在はケンブリッジ大学のアドミッション事務局本部として機能している[2]。(アドミッション事務局本部のビル名は、今もフィッツウィリアム・ハウスと呼ばれている)このような経緯があるため、フィッツウィリアム・カレッジの紋章は、ケンブリッジ大学の紋章とフィッツウィリアム伯爵英語版の紋章を組み合わせたものとなっている。フィッツウィリアム一族の紋章の使用における承認は、第7代目フィッツウィリアム伯爵より受けたとされる[3]。さらに、もともとフィッツウィリアム・カレッジは大学の一部だったことから、ケンブリッジ大学の31のカレッジの中で、ケンブリッジ大学の紋章そのものをカレッジの紋章に取り入れているのはフィッツウィリアム・カレッジだけである。

ノーベル賞受賞者[編集]

著名な卒業生[編集]

著名な日本関連の卒業生・所属研究員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度12分52秒 東経0度6分17.6秒 / 北緯52.21444度 東経0.104889度 / 52.21444; 0.104889