デイヴィッド・アサートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴィッド・アサートン
生誕 (1944-01-03) 1944年1月3日
出身地 イギリスの旗 イギリスブラックプール
学歴 ケンブリッジ大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

デイヴィッド・アサートン(David Atherton, 1944年1月3日 - )は、イギリス指揮者[1][2][3]

経歴[編集]

1944年ブラックプール生まれ。ケンブリッジ大学フィッツウィリアム校で音楽を学び[4]、1967年からコヴェントガーデン王立歌劇場のスタッフとして音楽活動をはじめ、1968年にはヴェルディの《イル・トロヴァトーレ》を指揮。同年にニコラス・スノーマンロンドン・シンフォニエッタを設立して1973年まで音楽監督を務めた。

1976年にはスカラ座に初登場し、1978年にはサンフランシスコの戦争記念歌劇場に登場してアメリカ・デビューを飾った。1980年から1987年までサンディエゴ交響楽団の首席指揮者を務め、1980年から1983年まではロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を兼任した。1989年から2000年まで香港フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任する一方で、その着任時からサンディエゴのメインリー・モーツァルト音楽祭を創設し、2013年までその音楽祭に関わった[5]。また同じ1989年から1991年まで古巣のロンドン・シンフォニエッタの音楽監督を再度務めた。

主な初演作品には、ハリソン・バートウィッスルの《パンチとジュディ》(1968年オールドバラでの初演)、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェの《我々は川に来た》(1976年コヴェントガーデン王立歌劇場での初演)等が挙げられる。

1999年にはOBEを受勲している[6]

[編集]

  1. ^ tower.jp
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ fitz.cam.ac.uk
  5. ^ [3]
  6. ^ [4]