ファミリートレーナー ランニングスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファミリートレーナー
ランニングスタジアム
ジャンル スポーツゲーム陸上競技
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ヒューマン
発売元 バンダイ
人数 1 - 2人
メディア ロムカセット
発売日 日本の旗 1986年12月23日
アメリカ合衆国の旗 1987年9月4日
欧州連合の旗 1988年
その他 ファミリートレーナー専用
テンプレートを表示

ファミリートレーナー ランニングスタジアム』は、1986年12月23日バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。北米では『Family Fun Fitness: STADIUM EVENTS』、ヨーロッパでは『World Class Track Meet』のタイトルで発売された。

周辺機器・ファミリートレーナーの専用ソフト第2弾。

概要[編集]

ファミリートレーナーのマットB面(12キー)を使用。ファミリートレーナー同梱のソフト第1弾『アスレチックワールド』が横スクロールアクションだったのに対して、本作では画面前方に向かってランナーが走る3D視点となりプレイヤーの向きと画面上のランナーの向きが一致するようになった。また、前作が基本的に1人プレイ専用だったのに対して本作は一部の競技で2人同時プレイが可能になっている。

100メートル走110メートルハードル走り幅跳び三段跳びの4種類の陸上競技に挑戦する。トーナメントモードでは、100メートル走と100メートルハードルの2種目でプレイヤーとコンピュータが2人同時に競走して勝敗を争う。オリンピックモードは4種の競技を順番に挑戦し、規定記録をクリアして行くが銅→銀→金の順番に難易度が上がって行く。

雑記[編集]

1987年に発売された本作の北米版『Family Fun Fitness: STADIUM EVENTS』の未開封品が2010年インターネットオークションeBayへ出品され、Nintendo Entertainment System(NES)用ソフトとしては史上最高額となる41,300ドルで落札された[1]

ファミリートレーナーは北米市場において、当初『Family Fun Fitness』の名称でバンダイの米国現地法人であるバンダイアメリカから1987年に発売されたが、任天堂がバンダイから北米市場における販売権を取得して『Power Pad』に改称して再発売したことに伴い、本作も『World Class Track Meet』へ改称されて1988年に再発売された。この為、約2000本が生産された『STADIUM EVENTS』は短期間で市場から回収され、エンドユーザーへの販売本数が推定200本と極めて少ない為に「幻のソフト」となったものである。

脚注[編集]

  1. ^ NES版『ランニングスタジアム』の未開封品が41,300ドルで落札される(INSIDE GAMES、2010年3月1日