ファミリートレーナー マンハッタンポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファミリートレーナー
マンハッタンポリス
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ヒューマン
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本の旗 1987年8月31日
アメリカ合衆国の旗 1989年6月
その他 ファミリートレーナー専用
テンプレートを表示

ファミリートレーナー マンハッタンポリス』(Family Trainer: Manhattan Police)は、1987年8月31日バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。北米では『Street Cop』のタイトルで発売された[1]

周辺機器・ファミリートレーナーの専用ソフト第6弾。

概要[編集]

ファミリートレーナーのマットB面(12キー)を使用。主人公の警察官ニューヨークマンハッタンの平和を守るアクションアドベンチャーゲーム。視点は第1作『アスレチックワールド』と同様のサイドビュー方式になっており、画面下のマップを見ながら制限時間内にアイテムを回収し、規定数の子分を倒した後にボス(ステージ開始時に提示される指名手配犯)を倒せばステージクリアとなる。

前作『迷路大作戦』に続き、体感型スポーツゲームからアトラクション路線への転換後第2作である。全6ステージ構成だが、セーブ機能などは存在せず後半のステージではマップが広くなりボスの出現位置もランダムで変化する為、プレイヤーの持久力と敏捷性が求められる点は(インターフェースに起因するものとは言え)極めて特異である。

『迷路大作戦』では敵を攻撃出来なかったのに対して、本作ではファミリートレーナー史上初めてとなる敵を攻撃するアクションが導入されており、1キーで遠距離攻撃(アイテムを投げつける、もしくは発砲)・4キーで近距離攻撃(警棒)を使い分ける。また、後ろからダッシュで敵に体当たりして転ばせることも可能。

脚注[編集]

  1. ^ Power Pad(NES版ファミリートレーナー)の北米市場における販売権は任天堂がバンダイより取得していたが、本作を含む一部のPower Pad専用タイトルはバンダイの現地法人であるBandai of Americaがライセンシーの形で発売している。