ファミリートレーナー エアロビスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファミリートレーナー エアロビスタジオ
Dance Aerobics
ジャンル スポーツゲームエアロビクスダンス
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ヒューマン
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本の旗 1987年2月26日
アメリカ合衆国の旗 1989年3月
その他 ファミリートレーナー専用
テンプレートを表示

ファミリートレーナー エアロビスタジオ』は、1986年12月23日バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。北米では『Dance Aerobics』のタイトルで発売された。周辺機器・ファミリートレーナーの専用ソフト第3弾。

概要[編集]

ファミリートレーナーのマットB面(12キー)を使用。画面の指示に従ってエアロビクスダンスを踊り、マット上のキーを手足で操作する。家庭用ゲームソフトとしては史上初めてBGMに合わせてダンスを踊る体感型ゲームであり、後年の『Dance Dance Revolution』(コナミ1998年)や『Wii Fit』(任天堂2007年)の原流になったタイトルとも言える。

ゲームモード[編集]

  • エクササイズスタジオ - 画面上の指示に従って手足を使いキーを操作する。
  • プレイスタジオ - 3種類のモードが選べるフリー形式のプログラム。
    • メロディステップ - ノルマは無く、キーを鍵盤代わりにして好きな曲を演奏出来る[1]
    • メロディダンシング - 画面上の指示に従って「猫踏んじゃった」などの課題曲を演奏する。
    • エアロステッピング - BGMは無く、画面を見ながら指示されたキーを操作する。
  • エアロビコンテスト - エクササイズスタジオに近いがノルマは無く、5・10・15・20分の各コースで画面上の指示に従って手足を使いキーを操作する。

エクササイズスタジオの全ステージをクリアすると「ミス・エアロビ」の称号を授与される。

脚注[編集]

  1. ^ マットB面の左上(1キー)から時計回りにド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミの順にキーが配置されている。中央の2つ(6・7)は使用しない。