ピート・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピート・ロック
Pete Rock at Launch Party.jpg
基本情報
別名 Soul Brother No. 1
Chocolate Boy Wonder
The Creator
生誕 (1970-06-21) 1970年6月21日(46歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクス
ジャンル R&B
ヒップホップ
職業 ラッパー
DJ
ミュージシャン
音楽プロデューサー
活動期間 1991年 -
レーベル Elektra
共同作業者 ピート・ロック&CLスムース
公式サイト The Official Pete Rock Website

ピート・ロック(本名 ピーター・フィリップス 英語:Peter Phillips, 1970年6月21日-)は、アメリカブロンクス出身のヒップホップ DJプロデューサーラッパーである。
1990年代初頭に、ピート・ロック&CLスムースの1人として、頭角をあらわしてきた。コンビ解消後も、彼は活躍を続け、大衆向けの活動とは言えないにせよ、世界的な名声を博している。
彼は、ヒップホップがジャズの要素を取り入れていく際、ステッツァソニックア・トライブ・コールド・クエストギャング・スターなどと共に、大きな役割を果たした。ヒップホップの歴史の中で、最も偉大なるプロデューサーに数えられる共に、DJプレミアRZAと共に、1990年代の東海岸ヒップホップを支えてきた人物として言及されることも多い。彼はヘビーDのいとこでもある。

概要[編集]

ピート・ロックは10代の頃からマーリー・マールラジオ番組(WBLSが放送していた"In Control With Marley Marl")に出演するなど、早い段階から音楽の才能を開花させていた。そんな彼は1991年、21歳のとき、二歳年上の友人Corey Penn (後のC.L. Smooth) と共に、レコード会社の Elektra と契約を結ぶ。その後、二人はデュオの名前を Pete Rock & C.L. Smooth と改め、デビューアルバムから成功を収め続け、ヒップホップの歴史に伝説を残した。

ピート・ロックは、特にそのソウル色の濃いトラックが日本や海外でも人気が高く、ヒップホップ最高のプロデューサーとしてピート・ロックの名を挙げる人も多い。アンバサダーズの「アイ・ガット・ザ・ラブ」をバックトラックに使用した曲「エイント・ガット・ザ・ラブ」などは、彼のソウルフルなセンスをよく表現している。また彼はジェームス・ブラウンらのファンクも大好きで、フェイバリットアルバムに70年代のファンク作品をあげている。

主なプロデュース曲[編集]

  • Pete Rock & C.L. Smooth - They Reminisce Over You (T.R.O.Y.) (1992)
  • Nas - The World is Yours (1994)
  • Pete Rock & C.L. Smooth - I Get Physical (1994)
  • I.N.I. - Fakin' Jax (1995)
  • AZ - Rather Unique (1995)
  • Large Professor/Pete Rock-The Rap World (1996)

トリビア[編集]

  • ピート・ロックのニックネームは数多く存在するが、その中でも有名なものに “Soul Brother No. 1”、“The Creator” などがある。

公演[編集]

日本[編集]

日本でも今なお高い人気を誇っているため、度々来日を果たしている。

他多数

外部リンク[編集]