ピロラプトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピロラプトル
生息年代: 70.6 Ma
Pyroraptor fossil 01.png
骨格の記載された部分を表した図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約7,060万年前
中生代白亜紀晩期カンパニアン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : デイノニコサウルス類 Deinonychosauria
: ドロマエオサウルス科
Dromaeosauridae
: ピロラプトル属
Pyroraptor
学名
Pyroraptor
Allain & Taquet, 2000
和名
ピロラプトル
下位分類群(

ピロラプトル Pyroraptor は、フランス白亜紀後期の地層から知られるドロマエオサウルス科恐竜の属の一つ。単一の標本で知られる。1992年に南フランス・プロヴァンス地方でわずかな骨が見つかっているだけである。2000年にピロラプトル・オリンピウス Pyroraptor olympius として新種記載された。学名は山火事の後の現場で発見されたことに因み「オリンポス山の火の泥棒」を意味する。模式標本は独特な足の爪、歯、腕、脊椎からなる。 後期カンパニアンから前期マーストリヒチアンの間の地質年代に生息していた。約7060万年前である[1]

記載[編集]

ヒトとのサイズ比較

ピロラプトルは小型の鳥に似た肉食獣脚類、ドロマエオサウルス類の一つである。後肢第2指に湾曲した大きな鉤爪をもつ。ピロラプトルのその鉤爪は6.5cmの長さだった。他のドロマエオサウルス類のように、その鉤爪は武器として[2]または木登りの補助として使われた可能性がある[3]。ドロマエオサウルス類として、ピロラプトルは鉤爪を備えたよく発達した前肢をもっており、恐らく細長い尾と共に体のバランスをとっていた。科学者たちは、ピロラプトルがミクロラプトルシノルニトサウルスのような他の多くの近縁の恐竜同様、羽毛に覆われていたと考えている[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Allain, R., and Taquet, P. (2000). "A new genus of Dromaeosauridae (Dinosauria, Theropoda) from the Upper Cretaceous of France." Journal of Vertebrate Paleontology, 20: 404-407. [June 27, 2000]
  2. ^ Carpenter, Kenneth (1998). “Evidence of predatory behavior by theropod dinosaurs.”. Gaia 15: 135–144. http://www.mnhn.ul.pt/geologia/gaia/9.pdf. 
  3. ^ Manning, Phil L., Payne, David., Pennicott, John., Barrett, Paul M., Ennos, Roland A. (2005) "Dinosaur killer claws or climbing crampons?" Biology Letters (2006) 2; pg. 110-112 doi:10.1098/rsbl.2005.0395
  4. ^ Scott Sampson in Discovery Channel's 2003 documentary series Dinosaur Planet, ep. 2: "Pod's Travels".

関連項目[編集]