ピトフーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピトフーイ
Hooded Pitohui.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : カラス上科 Corvoidea
階級なし : ピトフーイ “Pitohui”*

ピトフーイ (Pitohui) は、かつて同じ属に分類されていた ニューギニア島固有の鳥類6種(カワリモリモズズグロモリモズムナフモリモズサビイロモリモズクロモリモズカンムリモリモズ)を指す。ピトフーイの名は鳴き声に由来する。

1990年には、このうちの1種ズグロモリモズが有毒であることがシカゴ大学において発見され、世界初の有毒鳥類と認定された[注 1]。その後、同属のうち5種が毒を持つことが判明した[注 2]

これにより、ピトフーイの名は有毒鳥類の代名詞として知られるようになったが、その後に分類が見直され、これら6種は2017年現在では別の科・属に分類されている。また、2000年にはやはりニューギニア固有の別属で1属1種のズアオチメドリにピトフーイに類似した構造を有する毒成分が発見され、2013年にカワリモリモズの分類が見直されて2種増えたうえ、ニューギニアとオーストラリアにまたがり分布するチャイロモズツグミの標本からも毒性が発見されたので、2017年現在では有毒鳥類はピトフーイに限らなくなり、種数も増えた。

系統と分類[編集]

かつて Pitohui 属には上記6種にモリモズ Pitohui tenebrosa (Morningbird) を加えた7種が含まれ、モリモズ属と呼ばれていた。しかしすぐにモリモズ MorningbirdPitohui 属でなくモズツグミ属 Colluricinclaへ分類するのが適当ではないかといった説が有力になり、やがて学名は Colluricincla tenebrosa と記されるようになった。また、学者によってはこの種を Malacolestes へ分類するなど、その扱いはまちまちであった。

2013年になり、モリモズMorningbirdは、実は属の異なる2種から成ることがわかり、それを機に モズヒタキ属 Pachycephala に分類され、学名は Pachycephala tenebrosa となった。このとき、新たに分離された別種がモリモズ Morningbird に充てられていた学名 Colluricincla tenebrosa を引き継ぎ、この別種の英名はSooty shrikethrushとされた[1]

このような経緯から、標準和名のモリモズはMorningbird, Sooty shrikethrushどちらに用いるのにも不適当となり、宙に浮いた状態となっている[注 3]。もっとも、どちらの種も2017年現在においては Pitohui 属ではないので、 Pitohui 属をモリモズ属と呼ぶのは不適切である。

モリモズを除いた6種は引き続きモズヒタキ科 Pitohui 属に残された。しかし、これらもまた多系統であるとされ、改めて4属に分類し直された[2][3]

2017年現在、これらはカラス上科内の3科に分散している。

コウライウグイス科[編集]

最も毒性が強いカワリモリモズとズグロモリモズがコウライウグイス科に移された Pitohui 属の模式種はカワリモリモズなので、Pitohui の属名はこの種を含むピトフーイ属が受け継いだ。

その後、2013年にカワリモリモズ Pitohui kirhocephalus の分類が見直され、新たに Pitohui cerviniventrisPitohui uropygialis の2種が追加された[4]。2017年現在では、以下の4種がピトフーイ属 Pitohui に含まれる。

モズヒタキ科[編集]

モズヒタキ科に残された Pseudorectes 属はモズツグミ属 Colluricincla に近縁であり、モズツグミ属に含める説もある[5]。同じくモズヒタキ科に残されたクロモリモズはそれらとは系統的に離れており、別属とされた。

カンムリモズビタキ科[編集]

カンムリモリモズはモズヒタキ科の他の2属と共に新科のカンムリモズビタキ科に分離された。

特徴[編集]

ピトフーイは鮮やかな配色をした雑食性の鳥である。特にズグロモリモズの腹部は鮮やかなれんが色で、頭部は黒い。これはよく目立つ配色であり、警告色だと考えられる。カワリモリモズには多くの異なった姿のものがあり、羽毛のパターンの違いで全部で20の亜種に分けられていた[注 5]。そのうち2亜種はズグロモリモズによく似ており、ベイツ型擬態の一例となっている。

いくつかの種、特にカワリモリモズとズグロモリモズの筋肉羽毛には、強力な神経毒ステロイドアルカロイドのホモバトラコトキシンが含まれている。これは、ピトフーイから発見される以前はヤドクガエル科フキヤガエル属 Phyllobates皮膚からのみ見つかっていた。

この毒は寄生虫猛禽類人間からの防衛に役立っていると考えられている。ピトフーイは自分自身ではバトラコトキシンを生成しないので、おそらくはピトフーイが捕食するジョウカイモドキ科 MelyridaeChoresine甲虫由来であると考えられる。

なお、ムナフモリモズはピトフーイ6種の中で唯一、無毒である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヨーロッパウズラツメバガンなど、食餌の内容により一時的に肉が毒性を有する例は知られていたが、羽毛にまで毒を含む種は伝説を除くと世界初であった。
  2. ^ ニューギニアの現地人は、それ以前からこれらの鳥が食用にならないことを知っていた。
  3. ^ 原則に従えば Morinigbird をモリモズとし、Sooty shrikethrush には新たな標準和名を用意する。あるいは2種ともモリモズとは異なる標準和名を用意する。
  4. ^ a b この種には標準和名が付いていない。
  5. ^ 2013年までカワリモリモズとされていた他2種の亜種まで含めて数えてある。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Dumbacher JP, Beehler BM, Spande TF, Garraffo HM, Daly JW (1992). Homobatrachotoxin in the genus Pitohui: chemical defense in birds? Science 258 (5083): 799-801. PMID 1439786
  • Dumbacher JP, Fleischer RC (2001). Phylogenetic evidence for colour pattern convergence in toxic pitohuis: Mullerian mimicry in birds? Proceedings of the Royal Society of London B 268 (1480): 1971-6. PMID 11571042
  • Dumbacher JP, Wako A, Derrickson SR, Samuelson A, Spande TF, Daly JW (2004). Melyrid beetles (Choresine): a putative source for the batrachotoxin alkaloids found in poison-dart frogs and toxic passerine birds Proceedings of the National Academy of Sciences 101 (45): 15857-60. PMID 15520388

関連項目[編集]