カワリモリモズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カワリモリモズ
Colluricincla kirrocephala - 1825-1839 - Print - Iconographia Zoologica - Special Collections University of Amsterdam - UBA01 IZ16600305.tif
基亜種 P. k. kirhocephalus のスケッチ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
小目 : カラス小目 Corvida
上科 : カラス上科 Corvoidea
: コウライウグイス科 Oriolidae
: ピトフーイ属 Pitohui
: カワリモリモズ P. kirhocephalus
学名
Pitohui kirhocephalus
(Lesson & Garnot, 1827)
シノニム
  • Lanius kirhocephalus
和名
カワリモリモズ
英名
Northern Variable Pitohui

カワリモリモズ学名Pitohui kirhocephalus)は、スズメ目カラス科の鳥。インドネシアおよびパプアニューギニアの高温多湿な低地の森に生息している。

特徴[編集]

多くの異なる姿形を有し、うち何種かはかつては別種と考えられていた。その後全て本種1種にまとめられ、羽毛のパターンの違いで20を越える亜種に分けられていたが,2013年に分類が見直され,本種から新たに Pitohui cerviniventris [1]Pitohui uropygialis [1] の2種が別種として分離され[2],同時に本種の英名も Pitohui uropygialis の英名 Southern Variable Pitohui と区別するため Variable Pitohui から Nothern Variable Pitohui に変わった。

毒を持つ鳥の1種で,本種の他に毒を持つ鳥としては同じピトフーイ属ズグロモリモズ Pitohui dichrous のほか、ズアオチメドリ Ifrita kowaldiチャイロモズツグミ Colluricincla megarhyncha などが知られる。

亜種[編集]

以下の11亜種が確認されている[3]

  • P. k. kirhocephalus - (Lesson & Garnot, 1827): ニューギニア島北西のドベライ半島東部に分布。
  • P. k. dohertyi - Rothschild & Hartert, 1903: 当初,別種として記載された。ニューギニア島北西部,ワンダメン地方に分布。
  • P. k. rubiensis - (Meyer, AB, 1884): 当初,別種として記載された。ニューギニア島西部,チェンデラワシ湾先端からトリトン湾にかけて分布。
  • P. k. brunneivertex - Rothschild, 1931: チェンデラワシ湾東岸に分布。
  • P. k. decipiens - (Salvadori, 1878): 当初,別種として記載された。ニューギニア島南西部,オニン半島に分布。
  • P. k. adiensis - Mees, 1964: ニューギニア島南西沖,アディ島産。
  • P. k. carolinae - Junge, 1952: ニューギニア島南西部のエトナ湾周域に分布。
  • P. k. jobiensis - (Meyer, AB, 1874): 当初,別種として記載された。ニューギニア島北西沖のクルドゥ島とヤーペン島に分布。
  • P. k. meyeri - Rothschild & Hartert, 1903: 当初,別種として記載された。ニューギニア島北部,マンベラモ沿岸産。
  • P. k. senex - Stresemann, 1922: ニューギニア島北部,セピック川上流域に分布。
  • P. k. brunneicaudus - (Meyer, AB, 1891): 当初,別種として記載された。ニューギニア島北部,セピック川下流域からアストロラベ湾にかけて分布。

参照[編集]

  1. ^ a b 標準和名はまだない。
  2. ^ Species 3.1-3.5 « IOC World Bird List” (en-US). 2017年1月30日閲覧。
  3. ^ “IOC World Bird List 7.1”. IOC World Bird List Datasets. doi:10.14344/ioc.ml.7.1. http://www.worldbirdnames.org/ioc-lists/crossref. 

外部リンク[編集]