ツメバガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツメバガン
Sporengans 2 Plectropterus gambensis.jpg
ツメバガン
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Plectropterus
: ツメバガン
P. gambensis
学名
Plectropterus gambensis
(Linnaeus, 1766)
和名
ツメバガン
英名
Spur-winged Goose

ツメバガン (学名:Plectropterus gambensis)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

アフリカ中東

形態[編集]

全長70~100cmになり、アフリカのカモ類では最大。背面や頚はやや緑がかった黒、顔面と腹部は白い羽毛に覆われ、翼角の先端に発達した蹴爪がある(これが名前の由来)。嘴は赤く先端にベージュ色のポイントがあり、脚は薄い赤~赤みの強い褐色。体型は典型的なガンの体型である。

生態[編集]

群れを成す事もあるが、大抵の場合はつがいで行動する。雑食性で昆虫や小魚、水草や陸棲の草の葉、実を好み、時に畑を荒らす事がある。繁殖期になるとオスは翼に生えた蹴爪で争う。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カモ下目 Anserides
カモ亜科 Anatinae
ガン族 Anserini


Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類


保全状態評価[編集]

参照・注釈[編集]

外部リンク[編集]

http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fscienceblogs.com%2Ftetrapodzoology%2F2010%2F06%2F19%2Fdeath-by-toxic-goose%2F http://scienceblogs.com/tetrapodzoology/2010/06/19/death-by-toxic-goose/

関連項目[編集]

ツメバガンは、カンタリジンという毒を持つ昆虫を食べる珍しい動物。昆虫から摂取しツバメガンの体に蓄えられるこの毒、体に水ぶくれを引き起こす作用があり、人間がカンタリジンをたくさん口にすると死に至ることもあるそう。

カンタリジン毒素が皮膚に触れると皮膚が焼けてしまいます。たった10ミリグラムで胃の内膜や腎臓が破壊され、人間は死んでしまうそうです。体の中を通って尿としてカンタリジンが外に出たとしても、通ったところ全てが焼けてしまうからです。人の体で一番繊細な場所である尿路に触れると、男性女性関係なく尿路に水ぶくれとただれができてしまいます。その刺激によって、なんと長時間の勃起を引き起こしたりもするそうです。どれくらいのツメバガンを食べると、体内の水ぶくれが起こったり、死に至ったりするのかというのは不明だそう。

どちらにしてもツメバガンを見つけたら、ちょっと離れておいたほうが賢明ですね。

Source: Death by Toxic Goose

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文]