ピア・スンドハーゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピア・スンドハーゲ Football pictogram.svg
名前
本名 ピア・マリアネ・スンドハーゲ
カタカナ ピア・スンドハーゲ
ラテン文字 Pia Mariane Sundhage
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
生年月日 (1960-02-13) 1960年2月13日(57歳)
出身地 スウェーデンの旗 ウルリーセハムン
ユース
スウェーデンの旗 ウルリーセハムンIFK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978 スウェーデンの旗 ファルシェーピングKIK
1979-1981 スウェーデンの旗 イテックスBK (65)
1982-1983 スウェーデンの旗 エステルスIF
1984 スウェーデンの旗 イテックスBK
1985 イタリアの旗 SSラツィオ・カルチョ・フェミニーレ (17)
1985 スウェーデンの旗 スタッテナIF
1985 スウェーデンの旗 イテックスBK
1986 スウェーデンの旗 ハンマルビーIF DFF
1987-1989 スウェーデンの旗 イテックスBK
1990-1996 スウェーデンの旗 ハンマルビーIF DFF
代表歴
1975-1996  スウェーデン 146 (71)
監督歴
1992-1994 スウェーデンの旗 ハンマルビーIF DFF選手兼任監督
2003 アメリカ合衆国の旗 ボストン・ブレイカーズ
2004 ノルウェーの旗 コルボトンIL
2005-2006 スウェーデンの旗 KIFエレブルーDFF
2008-2012  アメリカ合衆国
2012-  スウェーデン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピア・スンドハーゲ(Pia Mariane Sundhage, 1960年2月13日 - )は、スウェーデンウルリーセハムン出身の元女子サッカー選手である。ポジションはフォワードミッドフィールダー

長くスウェーデン代表に選出されるなど活躍し、女子サッカーが正式種目に採用されたアトランタオリンピック出場後に現役引退。その後は指導者の道に進み、2008年から2012年にはアメリカ代表の監督に就任。ワールドカップでは2011年ドイツ大会で準優勝、オリンピックでは北京ロンドンで連覇した。2012年12月より母国・スウェーデン代表の監督に就任。

選手経歴[編集]

1975年、15歳でスウェーデン代表に選出される。1996年の引退までに146試合に出場し、71得点を記録した。後者はハンナ・ユングベリに更新されるまで同国代表の最多得点記録であった。

FIFA女子ワールドカップには第1回となる1991年中国大会1995年スウェーデン大会に、オリンピックには1996年アトランタオリンピックに、いずれも主将として出場した。

UEFA欧州女子選手権では、1984年の第1回大会で大会最優秀選手と得点王に輝き、チームの優勝に貢献した。

指導者経歴[編集]

1992年から1994年まで、ハンマルビーIF DFF選手兼任監督としてプレーしていた。

その後いくつかのチームでアシスタント・コーチを務め、2003年にWUSAボストン・ブレイカーズの監督に就任。チームをレギュラーシーズン1位に導き、同年のリーグ最優秀監督に選出された。しかし、2003年シーズンをもってWUSAが休止となったため、その後はノルウェースウェーデンのクラブで監督を務める。

2008年、アメリカ代表の監督に就任し、北京オリンピックで金メダルを獲得。2011年のワールドカップ・ドイツ大会でも決勝に進出したが、日本代表に敗れて準優勝に終わった。2012年のロンドンオリンピックでは決勝で日本に勝利し、オリンピックを連覇した。2012年度のFIFA女子最優秀監督賞を受賞。

2012年12月、スウェーデン代表の監督に就任。2015年のワールドカップ・カナダ大会では、グループリーグを突破したものの1回戦でドイツに敗れた。

タイトル[編集]

選手[編集]

UEFA欧州女子選手権
  • 優勝、最優秀選手、得点王(1984

指導者[編集]

アメリカ合衆国の旗 ボストン・ブレイカーズ
  • WUSA2003:レギュラーシーズン1位
  • WUSA2003:最優秀監督
 アメリカ合衆国

表彰[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]