ホープ・ソロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホープ・ソロ Football pictogram.svg
Hope Solo USA Training.jpg
名前
本名 ホープ・アメリア・ソロ
ラテン文字 Hope Amelia Solo
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1981-07-30) 1981年7月30日(35歳)
出身地 ワシントン州
身長 175cm
選手情報
在籍チーム マジックジャック
ポジション ゴールキーパー
背番号 1
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
0000-1995
1996-1998
1999-2002
2003
2004
2005
2009-2010
2010
2011-
スリー・リヴァーズ
リッチランド高等学校
ワシントン大学 (ワシントン州)
フィラデルフィア・チャージ
コッパルベリ/ヨーテボリFC
リヨン
セントルイス・アスレティカ
アトランタ・ビート
マジックジャック



8 (0)
17 (0)
20 (0)
23 (0)
16 (0)
代表歴
2000- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年7月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
女子サッカー
オリンピック
2008 北京 女子
2012 ロンドン 女子

ホープ・アメリア・ソロ (Hope Amelia Solo, 1981年7月30日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州出身の女子サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

ワシントン州リッチランド出身。リッチランドを含む隣接3市を活動区域とするクラブ、スリー・リヴァーズ・サッカークラブでサッカーを始める。6歳で両親の離婚を経験、以後は母親に養育された。退役軍人だった父親は2007年6月に急逝したが、父親の存在は、彼女の人生に大きな影響を与えている[1] [2]

2009年度WPSオールスターゲームにて、父親と兄弟を記念した背番号のユニを着用したソロ

高校時代まではフォワードとしてプレーし、通算109得点を挙げた。また1996-1998年に渡り、所属クラブのリーグ優勝に貢献した[3]。リッチランド高校2年次には州チャンピオンにも輝き、2度パレード誌 (Parade) 主催の全米高校生選抜チームに選出された。

ワシントン大学に入学して女子サッカー部に入部後、現在のポジションであるゴールキーパーに転向した。在学中、部内の全ゴールキーパーの中で失点率の少なさで常にトップを通した。また4年連続に渡ってパシフィック・テン・カンファレンスのオールスターチーム (All-Pac-10) に選出されただけでなく、全米サッカー指導者協会 (NSCAA) が選出する全米大学選抜チームにも3回選ばれた。[要出典]

アメリカ女子サッカーリーグ(WUSA)のドラフト指名を受け、卒業後の2003年にフィラデルフィア・チャージに入団。しかし1年後にWUSAが財政難のために休止した事にともないクラブも解散。退団を余儀なくされたため、スウェーデンダームアルスヴェンスカン所属クラブ、コッパルベリ/ヨーテボリFCに入団した。翌2005年にはフランスへ渡り、女子ディヴィジョン・アンの強豪オリンピック・リヨンに移籍した。[要出典]

2008年9月16日、割り当て対象のアメリカ代表選手として選出され、翌年開幕予定であったアメリカ女子プロサッカー(WPS)に参加予定のクラブチーム、セントルイス・アスレティカに、ティナ・エラートソンロリ・チャラプニーとともに入団した。シーズン冒頭は4試合で6失点を許す形でスタートを切ったが、その後チームは調子が向上、ソロが第5節からの13試合で8得点しか許さなかった事もあり、レギュラーシーズンをロサンゼルス・ソルに続く2位の成績で終え、プレーオフに進出した (プレーオフでは、優勝したスカイ・ブルーFCに0-1で破れて敗退している)。シーズン終了後、ソロはWPS年間最優勝ゴールキーパー賞を受賞した。[要出典]

ロンドンオリンピック直後から元NFL選手のジェラミー・スティーブンス(en:Jerramy Stevens)と交際を始め、3か月で婚約する。挙式前日の2012年11月12日深夜、互いに血塗れの状態で警察に発見され、スティーブンスはホープへの傷害の罪で逮捕された(証拠不十分により釈放)。結婚後、ワシントンとフロリダのどちらで住むのかで口論したという。スティーブンスは高校生の頃から傷害・マリファナ使用・レイプ・飲酒運転などの罪で複数の逮捕歴があるが、翌日2人はつつがなく式を挙げた[4][5]

アメリカ代表[編集]

ソロはU-16、18、21の各年代別代表を経て、2000年よりA代表に選出されるようになった。しかし2004年のアテネオリンピックの時は、代表メンバーには選手されたものの、ブリアーナ・スカリークリスティン・ラッケンビルのふたりの壁を越えられず、バックアップ要員として登録された。2005年より、正ゴールキーパーとしてプレーするようになった。[要出典]

2008年には北京オリンピックに出場。スカリーがバックアップメンバーとなり、アテネ五輪時と立場が逆転した。1次リーグのノルウェー日本ニュージーランドとの試合を無失点のまま突破。準々決勝のカナダ戦、準決勝の日本戦こそ立て続けに相手側のゴールを許したものの、決勝のブラジル戦ではブラジルの猛攻に対して好セーヴを連発、カーリー・ロイドが挙げた得点を最後まで守りきり、アテネに続く五輪2連覇に貢献した。[要出典]

2007 FIFA女子ワールドカップにおいても、代表の正ゴールキーパーはソロだと考えられていた。しかし1次リーグの北朝鮮戦で許した2得点以外、準々決勝のイングランド戦までは無失点で通したにもかかわらず、監督のグレッグ・ライアンが当時36歳のヴェテランであったブリアーナ・スカリーを先発で起用したため、準決勝のブラジル戦ではソロはベンチに座る羽目になってしまった。スカリーは対ブラジル戦において、これまで優れた成績を挙げてきた選手であるが、当時は数ヶ月程プレーをしていなかった[6]

この采配は裏目に出た。アメリカは前半終了間際にシャノン・ボックスが2枚目のイエローカードを受けて退場し、残りの時間を10人で戦う事を余儀なくされた。終了の笛が鳴った頃には、合計4失点を喫した上、決勝進出の道も絶たれてしまっていた。なおこの試合は、アメリカ代表史上最多失点による敗北試合である (2009年10月現在)。試合直後のメディアの取材中、ソロは自分をベンチに下げてスカリーを先発させたライアンの決定を、現在の状況を見ず、過去の名声に囚われ過ぎた事による誤ったものだと批判した[7]

このコメントは、後にソロ本人がMySpace内の自分のページで謝罪声明を発表し、そのような意図に基づいてのものではないと表明した[8]にもかかわらず、多くの人々にはスカリーのパフォーマンスの酷さを批判するものだとみなされた。9月29日、ライアンはソロが代表チームを離脱し、ノルウェーとの3位決定戦には出場しないという声明を出した[9]。また主将だったクリスティン・リリーはソロの一件について、チーム全体でなされた決定であるというコメントを発表している。[10]

ソロはワールドカップ終了後に予定されていた親善試合のための遠征メンバーにも名を連ねてはいたものの、第1戦となるメキシコとの試合前に、セントルイスにて予定されていた練習に参加しなかった。しかしソロがアメリカサッカー連盟と交わしていた契約には、ワールドカップに出場した代表選手は、遠征中に行われる試合に出場する権利があると明記されていた。ライアンは、ソロの振る舞いについて、今は双方が和解するための途上にあり、そのために動いているところなのだというコメントをしている。[11]

ソロは最終的に遠征に参加したものの、メキシコ代表との3回の試合にはいずれも出場しなかった。第1戦・第3戦ではスカリーが、第2戦ではニコル・バーンハートが出場した。2007年10月20日に行われたメキシコ代表との第3戦は、同年度におけるアメリカ代表の活動を締めくくる試合となった。同年12月にライアンは契約満了により退任した。[要出典]

2011 FIFA女子ワールドカップでは最優秀ゴールキーパーに選ばれた[12]2015 FIFA女子ワールドカップでも合計3失点に抑えアメリカ代表の優勝に貢献し、2大会連続の最優秀ゴールキーパーに選ばれた[13]

成績[編集]

タイトル[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Michael David Smith, Hope Solo on Her Homeless Father (動画) FANHOUSE.com 2007年9月28日付記事 2009年10月18日 10:11 (UTC) 閲覧[リンク切れ]
  2. ^ Jill Lieber Steeg, Solo's success as USA's goalie is no accident USAトゥデイ公式サイト 2007年7月25日付記事 2009年10月18日 10:15 (UTC) 閲覧
  3. ^ Evan Doherty, Richland Native Solo Sending Hope KVIEWTV.com 2007年9月20日付記事 2009年10月18日10:09 (UTC) 閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 【アメリカ】GKホープ・ソロの婚約者が結婚式前日に逮捕
  5. ^ 米国美人GK 血まみれ暴行事件の怪
  6. ^ U.S. calls on veteran Scurry to play goal vs. Brazil ESPN 2007年9月26日付記事 2009年10月18日 10:24 (UTC) 閲覧。なお本記事中で、元アメリカ代表主将のジュリー・フォウディは、スカリーをかばいつつも、ライアンがブラジルを警戒し過ぎたが故のGK交代劇では、とコメントしている。
  7. ^ Hope Solo Upset with Benching (動画) ESPN Video 2007年9月27日付 2009年10月18日 10:59 (UTC) 閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ U.S. goalie Solo apologizes on her Web site ESPN 2007年9月28日付記事 2009年10月18日 11:06 (UTC) 閲覧
  9. ^ Pre-Norway Quote Sheet: Head Coach Greg Ryan アメリカ合衆国サッカー連盟公式サイト 2007年9月29日付ニュースリリース 2009年10月18日 11:20 (UTC) 閲覧。ライアンは本リリース中にて、3位決定戦に先発出場予定のGKがスカリーであると明かしている。 [リンク切れ]
  10. ^ Pre-Norway Quote Sheet: Abby Wambach & Kristine Lilly アメリカ合衆国サッカー連盟公式サイト 2007年9月29日付ニュースリリース 2009年10月18日 11:13 (UTC) 閲覧 [リンク切れ]
  11. ^ Solo skips practice サンディエゴ・ユニオン・トリビューン公式サイト 2007年10月13日付記事 2009年10月18日 11:29 (UTC) 閲覧
  12. ^ [1][リンク切れ]
  13. ^ 米代表GKソロが2大会連続のゴールデングローブ賞…海堀は受賞逃す”. サッカーキング (2015年7月6日). 2015年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]