ビル・コーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・コーリン
Bill Coughlin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州スクラントン
生年月日 1878年7月12日
没年月日 1943年5月7日(満64歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
140 lb =約63.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
初出場 1899年8月9日
最終出場 1908年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ビル・コーリン(William Paul "Bill" Coughlin, 1878年7月12日 - 1943年5月7日)は、1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは三塁手ペンシルベニア州スクラントン生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Scranton Bill"(スクラントン・ビル)。タイ・カッブがデビューした頃のタイガースの三塁手で、現在判っているだけで通算9度もの『隠し球』を成功させたとされる選手である。

略歴[編集]

1899年に、当時ナショナルリーグに所属していたワシントン・セネタース(同年解散)からメジャーリーグにデビュー、6試合に出場したが、8月にウェスタンリーグのカンザスシティに降格した。この年を最後にセネタースが消滅した後、1901年のアメリカンリーグ発足に伴って、アメリカンリーグのワシントン・セネタース(現ミネソタ・ツインズ)に所属、守備の上手い三塁手としてセネタースのレギュラーとなった。この年の刺殺数(三塁手)はリーグ最多となり、打率も.275の成績を残した。翌1902年には打率.301を記録しているが、打率が3割を超えたのはこの年だけであった。

1904年のシーズン中に、セネタースから金銭でタイガースに移籍し、1908年までタイガースに所属した。メジャーでのキャリアの最後の2シーズンにタイガースはアメリカンリーグを2連覇する。出場したワールドシリーズは2度ともシカゴ・カブスの前に敗退することとなったが、コーリンは1907年のワールドシリーズ第2戦で、相手カブスのジミー・スレイグルを隠し球でアウトにしている。これは現在までワールドシリーズで隠し球が成功した唯一の例とされている。

コーリンは1908年を最後にメジャーリーグから離れて地元ペンシルベニアに戻り、1917年までマイナーリーグの監督をしながら、ラファエット・カレッジ(Lafayette Collage)でもコーチとして野球の指導をしていた。第一次世界大戦を挟んだ後、コーリンは引き続き亡くなる1943年までラファエットのヘッドコーチの職にあった。死後1977年に同大学から名誉殿堂表彰を受けている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1049 3854 972 133 39 15 481 380 159 - 203 52 123 .278 .358 .377

獲得タイトル・記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:2回(1907,1908年)
  • 刺殺数リーグ最多(三塁手):2回(1901,1906年)
  • 隠し球に関する記録
日付 相手チーム イニング 守備位置 走者
1901年9月24日 DET 2 3B ジャック・クローニン
1902年5月15日 BAL 1 2B キップ・セルバック
1902年6月3日 DET 4 SS ダッキー・ホームズ
1902年6月25日 BOS 1 SS パッツィー・ドハティー
1904年6月24日 NYY 10 3B ディーコン・マクガイア
1905年5月12日 BOS 2 3B ホーブ・フェリス
1906年9月3日 SLB 1 3B ジョージ・ストーン
1907年10月9日 CHC(NL) 1 3B ジミー・スレイグル
1908年5月13日 BOS 3 3B アンビー・マッコーネル

出典・外部リンク[編集]