ビシュエシュワル・プラサード・コイララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビシュエシュワル・プラサード・コイララ

ビシュエシュワル・プラサード・コイララネパール語: बिश्वेश्वर प्रसाद कोइराला: Bishweshwar Prasad Koirala1914年9月8日 - 1982年7月21日)は、ネパール政治家。第24代ネパール首相(在任:1959年5月27日 - 1960年12月15日)。B・P・コイララ、あるいは単にB・Pと呼ばれる。

ネパール会議派に所属。ネパール史上初めて国会から選ばれた首相。就任に当たり、マヘンドラ国王は妨害するが、インド政府に使者を送り助けを求め、その圧力で無事首相に就任する。

就任すると封建的土地制度改革に着手、シャハ家ラナ家への課税、西ネパールのラージャ(地方権力)への課税など、民主的な改革を次々と推し進めた結果、封建勢力の反発を買い、マヘンドラ国王と対立。

1960年12月15日、マヘンドラ国王はクーデターを決行、内閣を罷免、コイララは投獄される。1968年釈放されるがインドに亡命。1976年ネパールに帰国。後半生は健康が悪化し、大部分が獄中生活と亡命生活であった。晩年の医師団の一員に現在の大統領、ラーム・バラン・ヤーダブがいた。

1982年7月21日カトマンズで死亡した。

「B・P」の名で親しまれ、今も国民的な尊敬を集める政治家である。弟のギリジャー・プラサード・コイララは兄の名にちなんで「B.P.コイララ保健・科学大学」を設立している。

親族[編集]

兄のマートリカ・プラサード・コイララ、弟のギリジャー・プラサード・コイララもネパール首相を務めている。

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]