パドマ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パドマ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

パドマ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ(英語: Padma Shamsher Jang Bahadur Ranaネパール語: पद्म समसेर जङ्गबहादुर राणा1882年12月5日 - 1961年4月11日)は、ネパール王国政治家首相1945年11月29日から1948年4月30日まで、首相を務めている。

生涯[編集]

1882年12月5日ビーム・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナの長男として生まれた。

1945年11月29日、叔父ジュッダ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナが首相の座を退いたことにより、首相となった。

だが、パドマの地位は不安定であった。というのも、ジュッダの時代に地方へ追放された彼の弟らはその反対勢力となっていた[1]。それゆえ、孤立したパドマはチャンドラの息子モハンババルの支配下にあった[2]

そのうえ、インドにおいて反ラナ派のネパール人活動家の動きが活発になっていった。彼らはラナ家統治の排除、そしてラナ家の下で傀儡となっている国王を立憲君主とする人民政府の樹立を目指していた[3]。ネパール国民会議派が結成されたのは1946年のことである。

1947年になると、ビラートナガルでもストが発生したのを契機に、ネパール本土でも闘争が広がり、その波はカトマンズにまで押し寄せた[4]

1948年4月30日、パドマはモハン、ババルの圧力もあって、首相を辞任した。後任の首相にはモハンがなった[5]

脚注[編集]

  1. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.598
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.598
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.599
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.600
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.601

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]