タンカ・プラサード・アーチャリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンカ・プラサード・アーチャリヤ(左、1956年の中国訪問時)

タンカ・プラサード・アーチャリヤ(英語: Tanka Prasad Acharyaネパール語: टंक प्रसाद आचार्य1912年 - 1992年4月23日)は、ネパール王国政治家首相ネパール人民評議会の創立リーダーである。1956年1月27日から1957年7月26日まで、ネパール王国の首相を務めている[1]

生涯[編集]

1956年1月27日、マヘンドラ国王により首相に任命され、七人からなる内閣を組閣した[2]

だが、内閣の閣僚のうち3人は国王勅任の閣僚であり、彼らは経済、防衛、議会担当の地位に就いた[3]。そのため、勅任閣僚と折り合いがつかず、翌年7月に辞表を出した。

1992年4月23日腎不全のため病院で死去、80歳没[4]

脚注[編集]

  1. ^ worldstatesmen.org/Nepal” (英語). worldstatesmen.org. 2009年5月15日閲覧。
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.637
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.638
  4. ^ “Tanka Prasad Acharya, 78, Ex-Nepal Chief” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1992年4月25日). http://www.nytimes.com/1992/04/25/obituaries/tanka-prasad-acharya-78-ex-nepal-chief.html 2009年5月15日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]