ビール・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビール・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

ビール・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ(英語: Bir Shamsher Jang Bahadur Ranaネパール語: वीर समसेर जङ्गबहादुर राणा1852年12月10日 - 1901年3月5日)は、ネパール王国政治家首相1885年11月22日から1901年3月5日まで、首相を務めている。

生涯[編集]

1852年12月10日ディール・シャムシェル・ラナの長男として生まれた。

1884年12月24日、絶大な権力を握っていたディール・シャムシェルは死亡した[1][2]。死の間際、息子らに「何としてでも王権を握れ、さもなければ悲運を招く」と言い残した[3]

この言葉が原因となって、ビール達17人の兄弟は叔父である首相ラノッディープ・シンハ・ラナの暗殺計画を立てた[4]。そして、1885年にラノッディープやジャンガ・バハドゥルの息子らの殺害を実行し、成功に終わった。

そののち、ビールは首相となり、首相の継承順位を従来のものからシャムシェル・ラナ家の兄弟に継承される新たな継承順位を宣言した[5]。弟たちは全軍最高司令官、軍最高司令官、軍司令官など軍の要職に任命した[6]

1901年3月5日、ビールは死亡し、継承順位に従って四弟のデーブ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナが首相となった[7]

脚注[編集]

  1. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.565
  2. ^ Lambjang and Kaski 2
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.565
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.566
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.567
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.567
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.570

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]