ジュッダ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュッダ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

ジュッダ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナネパール語: जुद्द समसेर जङ्गबहादुर राणा英語: Juddha Shamsher Jang Bahadur Rana1875年4月19日 - 1952年11月23日)は、ネパール王国政治家首相1932年9月1日から1945年11月29日まで、ネパール王国の首相を務めている。

生涯[編集]

1875年4月19日ディール・シャムシェル・ラナの十男として生まれた。

1932年9月1日、兄ビーム・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナが死亡し、ジュッダが継承順位に従って首相となった[1]

1934年、ネパール、北インドに地震が発生し、ネパールは首都カトマンズをはじめ大打撃を被った[2]。だが、ジュッダは地震被害者対策本部と基金を設け、被害者に無利子の貸付を行った。これを機にカトマンズ盆地の近代化も行われた[3]

その反面、ジュッダは首相の座をめぐる甥たちの政争を目の当たりにせざるを得なかった。 ビームが自身の息子を含め一族の庶子たちを継承順位に加えたことで、ビールの四男ルドラが首相の後継者である全軍最高司令官にまでのぼりつめ、チャンドラの息子モハンババルらと対立するようになった[4]。結局、ジュッダはモハンやババルの圧力を受けて、ルドラなど庶子らを地方長官として追放し、政権の安定をはかった[5]

1939年第二次世界大戦が勃発すると、その年の11月に10大隊8000人をインドへ送り、12月にはジュッダ自らがカルカッタに向かった[6]

1945年11月29日、ジュッダは70歳を機に引退を宣言し、ビームの長男パドマ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナに首相の座を譲った[7]。背景にはモハンやババルが力をつけ、ジュッダが孤立したことにあった[8]

脚注[編集]

  1. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.587
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.587
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.588
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.588
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.588
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.590
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.591
  8. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.591

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]