ビアンカ・マリア・スフォルツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビアンカ・マリア・スフォルツァ
Bianca Maria Sforza
サヴォイア公妃
神聖ローマ皇后
Giovanni Ambrogio de Predis - Blanca Maria Sforza (c. 1493, National Gallery of Art) crop.jpg
出生 1472年4月5日
パヴィーア
死去 1510年12月31日
インスブルック
配偶者 サヴォイア公フィリベルト1世
  神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世
父親 ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
母親 ボナ・ディ・サヴォイア
テンプレートを表示

ビアンカ・マリア・スフォルツァ(Bianca Maria Sforza, 1472年4月5日 - 1510年12月31日)は、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の皇后、2度目の妻。スフォルツァ家の出身。

生涯[編集]

ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと妃ボナ・ディ・サヴォイアの長女としてミラノ公国の都市パヴィーアで生まれた。

1474年1月、サヴォイア公フィリベルト1世と2歳で結婚したが、1482年に死別しミラノに帰国した。

1493年8月、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世が崩御し、その後継者たるローマ王マクシミリアンは、莫大な持参金をもたらすビアンカとの再婚を決意した。結婚により、多額の現金を得て傭兵を雇い、イタリア方面への進出が可能となることで、ローマで法王の手により戴冠すること[注釈 1]が目的であった[1]

一方のスフォルツァ家側も、王族と血縁になることで、自らの地位を高めようとした[2]

同年11月20日、ビアンカの兄:ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァと、兄の後見人で「イル・モーロ」の通称で知られる叔父ルドヴィーコ・スフォルツァが、マクシミリアン側と結婚を契約[3]。同月末にはマクシミリアンの従兄クリストフ・フォン・バーデンとミラノで代理結婚を行った。ミラノでの結婚とそれに続く宴は、絢爛豪華なものであった[4]

シュトリーゲル画(1505~1510年頃)

しかし、同年12月、クリストフ・フォン・バーデンとアイテルフリッツ・フォン・ツォレルンドイツ語版を従え、厳冬期のアルプス山脈を北上してチロル地方へ向かう旅は、惨めなものであった[4]。二人はウィーンのマクシミリアンに、「ビアンカの容姿や性格が良く、マクシミリアンの気に召す」旨を報告した[4]。二週間強の旅を終えたビアンカは、老齢のオーストリア大公ジークムント(ジギスムント)に出迎えられるが、花婿マクシミリアンは現れず、落胆する[5]

1494年3月16日に至って、マクシミリアン1世と結婚した。結婚後の宴席に招待された帝国諸侯は出席せず、身分違いの結婚に反発を示した。

春が到来し、マクシミリアンは先妻マリー同様に、ビアンカを狩猟に連れ立つが、ビアンカは狩猟や自然に関心を示さなかった[6]。また、マリーの時と同様に言語が通じない夫婦だった[注釈 2]が、マクシミリアンがイタリア語を習得したのに対し、ビアンカはドイツ語を学ぶ気もなく、多忙のマクシミリアンは言語を教える暇もなかった[6]。さらに、ビアンカの不妊の体質も判明した[7]

こうしてマクシミリアンは妃に全く関心を示さなくなり、1510年12月31日、ビアンカはインスブルックで死去した。マクシミリアン自身は、1511年9月18日に、娘マルグリットに宛てた書簡に「私は二度と結婚したりしない。裸の女に触れることは無い」と認めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オスマン・ハプスブルク戦争英語版の最中であり、異教徒との対決にあたり、宗教的権威を得ることは、歴代ローマ王の夢であった。
  2. ^ マリーとは互いに言語を教え合い、円満な夫婦となっていった

出典[編集]

  1. ^ 江村 1987, p.172-175
  2. ^ 江村 1987, p.178
  3. ^ 江村 1987, p.175
  4. ^ a b c 江村 1987, p.178
  5. ^ 江村 1987, p.180
  6. ^ a b 江村 1987, p.181
  7. ^ 江村 1987, p.182

参考文献[編集]

関連項目[編集]