ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
Galeazzo Maria Sforza
ミラノ公
Piero Pollaiuolo Portrait of Galeazzo Maria Sforza.jpg
在位 1466年 - 1476年

出生 (1444-01-24) 1444年1月24日
フェルモ
死去 (1476-12-26) 1476年12月26日(32歳没)
ミラノ、サント・ステファノ教会
配偶者 ドロテア・ゴンザーガ
  ボナ・ディ・サヴォイア
子女 ジャン・ガレアッツォ・マリーア
エルメス
ビアンカ・マリーア
アンナ・マリーア
家名 スフォルツァ家
父親 フランチェスコ・スフォルツァ
母親 ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ
テンプレートを表示

ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(Galeazzo Maria Sforza, 1444年1月24日 - 1476年12月26日)は、ミラノ公。

生涯[編集]

フランチェスコ・スフォルツァビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの長男として、フェルモで生まれた。残忍な圧制者として知られ、のち3人の貴族によりミラノのサント・ステファノ教会内で暗殺された。

最初の妻ドロテア・ゴンザーガ(ルドヴィーコ3世・ゴンザーガの娘)とは結婚してすぐに死別したため、ボナ・ディ・サヴォイアと再婚。ジャン・ガレアッツォビアンカ・マリアアンナ・マリーアフェラーラアルフォンソ1世・デステの妻)らが生まれた。他に、庶子としてカテリーナらがいた。

彼は音楽のパトロンとして知られた。彼は多くのフランドル楽派フランス系の歌手・作曲家を宮廷に招き、ミサ曲モテットを作曲させた。彼の宮廷に招聘されたので知られるのは、アレクサンダー・アグリコラヨハネス・マルティーニロイゼ・コンペールガスパル・ファン・ヴェールベケである。ガレアッツォの殺害後、この音楽家たちはミラノを去り、エステ家に招かれたため、フェラーラが新しい音楽の中心地となった。

ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ発行したテストーネ銀貨。1470年代。

子女[編集]

2番目の妻ボナ・ディ・サヴォイア(Bona di Savoia, 1449年8月10日 - 1503年11月23日)との間に4人の嫡出子をもうけた。

ルクレーツィア・ランドリアーニ(Lucrezia Landriani)との庶子。

先代:
フランチェスコ1世
ミラノ公
1466年 - 1476年
次代:
ジャン・ガレアッツォ