パンテオン・ソルボンヌ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Panthéon-Sorbonne University
Uparis1.png
Université Paris 1 Panthéon-Sorbonne
モットー Omnibus Sapientia, Unicuique Excellentia
種別 公立
設立年 1971年
予算 €117 million (2009)
President Georges Haddad
教員数
2,770
学生総数 40,483
博士課程在籍者
1700
所在地 フランスの旗 フランスパリ
キャンパス 都市型
スクールカラー      Blue      White      Gold
公式サイト www.univ-paris1.fr
Universite de Paris Faculte de droit DSC 1945w.jpg
テンプレートを表示

パンテオン・ソルボンヌ大学フランス語: Université Paris 1 Panthéon-Sorbonne、パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学)はパリ大学の一校であり、世界最古の大学のひとつである。社会科学や人文科学の分野で高い評価を受けている大学である。学生数は約4万人と規模が大きい大学である。法学、政治学、歴史学、哲学、社会学、経済学、考古学、地理学、映画学などの学部や多数の付属研究機関がある。世界中から学生や研究者が集まる国際的な大学である。

フランスの公立高等教育機関は、万人に平等な教育機会の精神のもとに発展しており、世界的な大学ランキングからは距離を置きながらも、イギリスのQS世界大学ランキングの総合評価では299位、科目別では、法学は世界25位、政治学は51位、考古学は18位、哲学は47位、経済学は51位、歴史学は46位、人類学は51位、地理学は35位、芸術学は101位、古典古代は20位[1](2019)など多くの学科がトップ100に入っている。

大学本部はパリ中心部カルチェ・ラタンの5区のパンテオン広場やソルボンヌ通り界隈、ポール=ロワイヤル大通り界隈、6区、13区界隈などに約25か所に校舎がある。またエジプトやトルコにもキャンパスがある。

約50の研究施設を有し、その多くがフランス国立科学研究センターや国内外の関連機関と連携している。

歴史[編集]

起源は12世紀前半であり、1968年五月革命の結果、1970年に独立した大学群に編制された大学である。同大神学部を発足させたソルボン司祭の意思を受け継ぐ伝統的な教育を行っている。

法学部[編集]

ヨーロッパにおいて、オックスフォード大学ケンブリッジ大学ウィーン大学ハイデルベルク大学パリ大学が権威とされ、盛んに研究交流が行われており、世界中からフランス法を学びに多くの法学研究者が集まる。パリ高等師範学校やパリ政治学院、フランス国立行政学院と共同プログラムを実施している。国内外で非常に高い評価を受けており、修了生も各界で活躍している。法学修士号取得後の就職率(94%)はフランスでトップ[2]。比較法学科においては、コロンビア大学コーネル大学ライデン大学キングス・カレッジ・ロンドンカイロ大学ケルン大学マドリード・コンプルテンセ大学などとの共同学位制度がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]