パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パズドラ バトルトーナメント
-ラズール王国とマドロミドラゴン-
ジャンル オンラインマルチ対戦型パズルRPG
対応機種 アーケード
開発元 スクウェア・エニックス
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
発売元 スクウェア・エニックス
バージョン 2.130 - 2016年3月30日(2年前) (2016-03-30
人数 1~16人
稼働時期 [AC]:2014年4月24日
システム基板 Taito Type X3
その他 NESiCAxLive対応
テンプレートを表示

パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』(パズドラ バトルトーナメント ラズールおうこくとマドロミドラゴン)は、スクウェア・エニックスより2014年4月24日に発売されたアーケードゲーム。ジャンルはパズルRPG。略称は『パズバト』。

概要[編集]

2012年に発売され大ヒットとなったガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォン用ゲーム『パズル&ドラゴンズ』の初のアーケード用タイトル。共同開発およびパブリッシャーとしてスクウェア・エニックスが参画し、キャラクターデザイン担当として同社の野村哲也が起用されている。

対人戦に特化したゲームデザインとなっており、オンラインにより最大16人による対戦プレイが可能。登場モンスターは全てがアニメーションを行う仕様となった。

2014年11月26日にはメジャーアップデート「パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-」が行われた。

2016年9月30日を以ってオンラインサービス終了を予定しており、それ以降はオフラインでの稼働となる[1]。なお一部店舗では『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』へのコンバートが行われる形で稼働そのものを終了させている。


システム[編集]

基本的にプレイヤー同士の戦いであるため、スマートフォン版とは一部ルールが異なる。ゲーム自体が制限時間制で、1ターンドロップの移動時間は無制限。フィールドも縦5×横8マスと広がっている。モンスターごとにHPと回復力が分かれている。1チームはリーダー1体、サブが3体、フレンドが1体。それに加えて「リザーブメンバー」を3体設定することが出来、戦闘に出しているモンスターと交換しながら戦う。


あらすじ[編集]

ラズール王国では4年に一度パズドラ士たちによるトーナメント大会が開かれており、このトーナメントでドラゴンストーンを集めた者には大パズドラ士の称号とマドロミドラゴンに挑む権利が与えられた。

だが、パズドラ士になるのに必要な、「ドロップを視る力」を持つものが少なくなり、トーナメント開催が危ぶまれた。

トーナメントを楽しみにしていたラズール王国の国民の願いは、異世界から“ヨソモノ”を呼び寄せた。

登場キャラクター[編集]

アバターキャラクター[編集]

水無月 ヨウ
- 島﨑信長
現代の日本から呼び寄せられた男子高校生で、帰郷を切に願っている。完璧そうだが、想定外の事態への対処は不十分。
牧村 チカ
声 - 佐倉綾音
現代の日本から呼び寄せられた女子高校生。明るく元気な性格でミーハー。
武田 ムラクモ
声 - 岡本信彦
現代の日本から呼び寄せられた男子高校生。パズドラで敗れたことを機にヨウをライバル視している。
沖田 リオナ
声 - 内田真礼
現代の日本から呼び寄せられた現役女子高校生アイドル。アイドルである自分を嫌っており、それを隠すような服装をしているが、カメラなどを向けられるとついポーズをとってしまう。
フォーレン・ラズール
声 - 逢坂良太
ラズール王国の王子。異変調査に向かったものの、ある事故により記憶喪失になる。
パトリシア・エゼル
声 - 三森すずこ
ラズール王国王宮騎士。フォーレンに恋心を抱いている。
アンリ・ボーラム
声 - 柿原徹也
ラズール王国の魔術師で、魔術師ギルドに所属している。
ティンニン
声 - 五十嵐裕美
ラズール王国の少女で、職業不詳。人見知りで臆病な性格ながらも正義感は強く、世界の異変の解決に動いている。その名前は、アラビア語で「龍」を意味する(作中で言及されたかは不明)。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]