NESiCAxLive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)は、タイトーが運営する業務用ビデオゲーム筺体のダウンロードコンテンツシステム、およびサービスの名称。タイトーが展開しているアーケードゲーム用ICカード「NESiCA」についても本項で記載する。

概要[編集]

2010年9月に開催されたアミューズメントマシンショーでシステムについての概要が発表され、2010年12月9日にサービスを開始した。業務用初のゲームダウンロードサービスとして注目を集めた。

NESiCAxLiveは、サービスに対応しているビデオゲーム筺体に、配信されているゲームタイトルをダウンロードして遊ぶことができるシステム。配信するゲームタイトルは最新のタイトル以外にも、システム稼働前に発売された業務用ゲームへの対応も行っている。

配信されたゲームは、ゲームセンターの店舗に設置された「NESiCAサーバー」に自動的に提供され、NESiCAサーバーに繋がれたビデオゲーム筺体「NESiCAクライアント」へとダウンロードされる形式を取っている。プレイするゲームはメニュー画面から選択して起動する事が可能。ゲームタイトルによっては1台のみでの運用、いわゆる「シングル台」専用の物や、オペレーターの設定によりゲームを1タイトルに固定したり、もしくは数タイトルに限定して稼動させるなど柔軟な運用が可能となっている(稼働店のリアルタイム運用状況は、公式サイトに掲載されている)。さらにモニターを縦にしても運用できるが、この場合はシングル台かつ縦に対応したゲームのみプレイできる。

なお、クライアント側の基板にはTaito Type X2、サーバー側の基板にはTaito Type X Zeroが採用されている[1]。Type X2は機種別専用品を使用し、工場出荷時の仕様ではCPUがPentium4 651 3.4Ghz、メインメモリは1GB、ビデオカードはGeForce7900GSがそれぞれ搭載されている。

新作ゲームが配信された場合も追加料金は徴収されない代わりに、ユーザーが1プレイするごとに料金を徴収する従量課金制を導入している。ただし、課金額はタイトルに応じて変化する。

2012年2月22日にVer.2.00にアップデートされ、配信タイトルが同時に5作追加された。

2013年10月9日には公式サイトが「NESiCA.net」(ネシカネット)にリニューアルされ、サービス名が「NESiCA」に統一された。「NESiCAxLive」はその中のダウンロードコンテンツシステムの名称として引き続き利用されている。またサイトでの対応タイトルリストはこれまではNESiCAxLive対応タイトルのみが表記されていたが、サイトリニューアル後は全てのNESiCA対応タイトルが表記されるようになった。

2016年秋には基本スペックの向上と店舗間のオンライン対戦機能を実装した「NESiCA×Live2」を発表。JAEPO2017で対応タイトル『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』『ミリオンアーサー アルカナブラッド』と細かい仕様が公開され、2017年6月29日より稼働を開始した。

ICカード「NESiCA」[編集]

「NESiCA」は本来ICカードのことを指す。名称は「NEsys intelligent CArd」の略[2]

プレイヤーはNESiCAを使用することで、システムのサービスを受けることができる。サービスは1枚のカードで複数タイトルに対応し、ゲームタイトルごとに個別にカードを用意する必要はない。カードの利用可能回数は無制限。カードの裏面には、NESiCAのIDが登録されており、ゲームタイトルによってはこのIDを使ってゲーム専用サイトで会員登録をする必要もある。サービスについては、ゲームのランキングへの参加や、データ管理が行なえるものもある。

NESiCAはNESICA.netメンバーズサイトにてアカウントを登録すると、再発行予約が可能となる。また、2015年9月29日に行われたリニューアルでは、同一アカウントに最大3枚までNESiCAの登録が可能となったほか、登録したNESiCAを使って遊んだゲームの一覧表示や、ゲームに使用できなくする「ロック」が可能となった[3]。なお、NESiCAを使用することで「ネシカポイント」が蓄積され、アイテム等の引き換えがアナウンスされていたが、同リニューアルをもってネシカポイントは廃止となった[4]

NESiCAは通常デザインの他、対応ゲームのデザインのカードも存在し、NESiCAに貼ることを想定した「NESiCAシール」も登場している。また、変わり種としてストラップにNESiCAのICチップを搭載した「NESiCAストラップ」も登場している。

2019年3月14日稼働の『ストリートファイターV タイプアーケード』からは、セガ・インタラクティブの「Aime」、バンダイナムコアミューズメントの「バナパスポート」、コナミアミューズメントの「e-AMUSEMENT PASS」と同様、「Amusement IC」にも対応した。タイトーは、Amusement IC対応タイトルを増やすとしている[5]。なお、Amusement IC対応のNESiCAは2代目(赤色)となり、初代NESiCAとは別物として扱われる。具体的には、初代NESiCAではセガ・コナミ・バンダイナムコのゲームに使用することができない。また2代目NESiCAも、一部を除き初代NESiCA向けタイトルには使用できない。

アライアンスカンパニー[編集]

アークシステムワークスはセガ・インタラクティブ製の基板採用タイトルに関してはALL.Netを採用している他、カプコンは2015年6月以降に稼働開始した新作タイトルからALL.Netへ鞍替えした。また、アトラス、ケイブなど後にアーケードゲーム事業から撤退したメーカーもある。

対応タイトル[編集]

Amusement IC・2代目NESiCA対応[編集]

単独稼働タイトル[編集]

下記作品は専用もしくは汎用筐体で単独稼働されており、NESiCAxLive同様にNESiCAや各種オンラインサービスにも対応している。

NESiCAxLive2配信タイトル[編集]

発売予定タイトル[編集]

単独稼働タイトル[編集]

NESiCAのみ対応[編集]

NESiCAxLiveおよびNESiCAxLive2配信全タイトル(『ウルトラストリートファイターIV』を除く)は、Amusement ICには非対応だが2代目NESiCAには2019年4月9日に対応。

NESiCAxLive配信タイトル[編集]

NESiCAxLive2配信タイトル[編集]

単独稼働タイトル[編集]

下記作品は専用もしくは汎用筐体で単独稼働されており、NESiCAxLive同様にNESiCAや各種オンラインサービスにも対応している(2代目NESiCAは非対応)。

▲は2019年8月23日現在稼働中で、Amusement ICおよび2代目NESiCA対応検討中のタイトル[12]

発売予定タイトル[編集]

以下のタイトルは、2010年 - 2013年にNESiCAxLiveでの配信予定が告知された。

NESiCAxLive配信タイトル[編集]

NEOGEO for NESiCAxLive[編集]

クラシックタイトル(複数タイトルのセット配信)[編集]

対応終了タイトル[編集]

以下はネットワークサービスが終了済のタイトルとなり、設置店舗ではオフライン稼働となる(『フィギュアヘッズ エース』を除く)。

  • パズドラ バトルトーナメント(スクウェア・エニックス/ガンホー・オンライン・エンターテイメント) - 2016年9月30日サービス終了
    • -ラズール王国とマドロミドラゴン-:2014年4月24日
    • -チャンピオンズ オブ ラズール-:2014年11月26日
  • LEFT 4 DEAD -生存者たち-(タイトー):2014年12月10日 - 2017年6月29日サービス終了
  • スクール オブ ラグナロク(スクウェア・エニックス/ディンプス) - 2017年6月30日サービス終了
    • 初代:2015年8月27日
    • Re:Boot:2015年12月17日
  • マジシャンズデッド(バイキング) - 2018年11月30日サービス終了
    • 初代:2016年12月8日
    • NEXT ブレイジング:2017年7月12日
  • フィギュアヘッズ エース(スクウェア・エニックス):2017年6月21日 - 2018年8月31日稼動終了
  • LORD of VERMILION(III以降)(スクウェア・エニックス) - 2019年8月31日サービス終了
    • III:2013年8月22日
    • III Ark-cell:2014年3月27日
    • III Twin Lance:2014年10月23日
    • III Chain-Gene:2015年4月27日
    • Re:3:2015年11月19日
    • Re:3 Dear Servant:2016年6月23日
    • Re:3 Dear Servant SAVIOUR OF THE 13 SWORDS:2016年9月29日
    • Re:3 Dear Servant KEEPER OF THE 13 KEYS:2016年12月26日
    • IV:2017年7月13日
    • IV ―血晶事変―:2017年12月14日
    • IV 血晶事変[RenatuS]:2018年6月28日

注意点[編集]

  • クレジットを2つ以上投入しゲームをプレイした際、余ったクレジットは他のゲームに持ち越すことはできない。
  • メニュー画面に戻りたいときは、未プレイかつクレジットがない時に上ライン左上のボタンとスタートボタンを同時に押すこと。
  • NESiCAxLiveのサービス自体は日本国内のみのサービスだが、一部の単独稼働タイトルは海外でもネットワークサービスが提供されている。

脚注[編集]

  1. ^ NESiCAxLiveの接続”. タイトーテック. 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ 【NESiCA 名称の由来】 - Facebook
  3. ^ NESICA.net メンバーズサイトリニューアルのお知らせ”. NESiCA.NET (2015年9月18日). 2015年9月29日閲覧。
  4. ^ 「ネシカポイント廃止のお知らせ」”. NESiCA.NET (2015年9月28日). 2015年9月29日閲覧。
  5. ^ タイトー,「アミューズメントICカード」に対応したNESiCAの発売を決定。対応ゲーム第1弾は「ストリートファイターV タイプアーケード」”. 4Gamer.net (2019年1月22日). 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ a b Amusement IC対応は2019年4月25日。
  7. ^ 2019年8月23日時点でAmusement IC対応済みとされたが、対応時期の公式発表はない。
  8. ^ Amusement IC対応は2019年4月23日。
  9. ^ a b Amusement IC対応は2019年4月9日。
  10. ^ Amusement IC対応は2019年4月25日。
  11. ^ a b c Amusement ICには非対応だが2代目NESiCAには対応検討中。
  12. ^ NESYSタイトル アミューズメントICカード対応状況”. タイトー (2019年8月23日). 2019年8月28日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i 出典サイト内「第49回アミューズメントマシンショー画像集」のリンクより、タイトーブース掲示のNESiCAxLiveソフトタイトル一覧の写真を参照。「第49回アミューズメントマシンショー」特設サイト”. am-net. 2019年5月22日閲覧。
  14. ^ a b “NESiCAxLiveへのスペランカー、スカルガールズ配信について” (プレスリリース), 有限会社エムツー, (2013年5月23日), https://www.mtwo.co.jp/blog/2013/05/23/nesicalive-distribution-130523/ 2019年5月22日閲覧。 
  15. ^ 箭本進一 (2013年5月30日). “「KOF XIII CLIMAX」「スカルガールズ」のNESiCAxLive版が初お披露目。開発中の「グルーヴコースター」も体験できたタイトー新製品商談会レポート”. 4Gamer.net. 2019年5月22日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g NESiCA×Liveタイトルや大型筐体を出展! タイトーのAOU情報”. 電撃オンライン (2011年2月16日). 2019年5月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • VEWLIX
  • Taito Type X
  • NESYS
  • Multi Video System - SNKがかつて発売していた基板。本サービスと使用基板に採用されている、一つの汎用筐体で複数のゲームを運用、複数の中から選択してプレイするシステムの先代であり元祖とも呼べる存在
  • ALL.Net - ALL.Net P-ras MULTIが当システムに追従

外部リンク[編集]