バートレット (テネシー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バートレット
City of Bartlett, Tennessee
バートレットの歓迎看板
バートレットの歓迎看板
テネシー州におけるシェルビー郡(下図)と同郡におけるバートレット市の位置
テネシー州におけるシェルビー郡(下図)と同郡におけるバートレット市の位置
北緯35度13分23秒 西経89度50分28秒 / 北緯35.22306度 西経89.84111度 / 35.22306; -89.84111
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗 テネシー州
シェルビー郡
設立 1829年
法人化 1866年
行政
 • 市長 キース・マクドナルド(共和党[1]
面積
 • 合計 23.42mi2 (60.7km2)
 • 陸地 19.1mi2 (49.4km2)
 • 水面 0.0mi2 (11.3km2)
標高
298ft (90.8m)
人口
 • 合計 54,613人
等時帯 UTC-6 (中部標準時)
 • 夏時間 UTC-5 (中部夏時間)
郵便番号
38133-38135
市外局番 901
FIPS code 47-03440[2]
GNIS feature ID 1304976[3]
ウェブサイト www.cityofbartlett.org

バートレット: Bartlett)は、アメリカ合衆国テネシー州の南西隅、シェルビー郡の都市である。メンフィス市の北東に位置し、同都市圏に属している。2010年国勢調査での人口は54,613 人だった[4]

歴史[編集]

バートレット市が成長することになる町は、当初ユニオン・デポ、さらにグリーン・ボトムと呼ばれていた。ナッシュビルから西に進む駅馬車道では、テネシー州から西に出る直前の主要停車場だった。1830年頃に町として設立された。その駅馬車に代わってメンフィス・アンド・オハイオ鉄道が敷かれるとバートレットはその駅として存在し続けた。当初は農業社会であり、駅馬車道沿いに大きなプランテーションがあった。

1866年11月1日[5]、町が市として法人化され、市名はバートレットに変更された。法人化されるときに、ブライアン・ウィザーが初代町長に指名された。市名は農園主だったガブリエル・M・バートレット少佐にちなんで名付けられた。バートレットの家はローリー・サマービル道路(駅馬車道)沿い、現在のバートレット駅プラザがある場所にあった。

地理[編集]

バートレット市は北緯35度13分23秒 西経89度50分28秒 / 北緯35.22306度 西経89.84111度 / 35.22306; -89.84111 (35.222990, -89.841170)に位置している[6]。メンフィス市の北東市境と接している。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は23.42平方マイル (60.7 km2)である。領域の併合によって、さらに20.54平方マイル (53.2 km2)を増やす可能性がある。

教育[編集]

バートレット市の公共教育体系は、2013年から2014年の教育年度まで、シェルビー郡教育学区に属していた[7]。2013年7月16日の住民投票で、バートレット市教育学区の創設が承認された[8]。この新しい学区は2014年秋に始まり、連邦裁判所に訴えられた訴訟の当事者間に行われた合意に従い、市域内11の校舎が含められた[9]。学区監督官には、シェルビー郡教育学区の副監督官だったデイビッド・スティーブンスが就いた。

公立学校[編集]

高校:

  • バートレット高校[10]、10年生から12年生
  • バートレット9年生アカデミー[11]

中学校:

  • アップリング中学校[12]
  • ボン・リン中学校[13]、2008年開校
  • エルモアパーク中学校[14]

小学校:

  • アルチュリア小学校[15]
  • バートレット小学校[16]
  • ボン・リン小学校[17]
  • エレンデール小学校[18]
  • オーク小学校[19]
  • リバークレスト小学校[20]

私立学校[編集]

  • バートレット・バプテスト準備学校幼稚園
  • セントアン小学校

人口動態[編集]

人口推移
人口
1870244
1880242−0.8%
1900200
191026331.5%
19202713.0%
193042958.3%
1940400−6.8%
195048922.3%
19605083.9%
19701,150126.4%
198017,1701,393.0%
199026,98957.2%
200040,54350.2%
201054,61334.7%
2014(推計)58,264[21]6.7%
Sources:[22][23]

2010年時点でバートレット市は人口でテネシー州では第10位、シェルビー郡ではメンフィス市に次いで第2位である。

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[2]

基礎データ

  • 人口: 40,543 人
  • 世帯数: 13,773 世帯
  • 家族数: 11,817 家族
  • 人口密度: 820.4人/km2(2,124.5 人/mi2
  • 住居数: 14,021 軒
  • 住居密度: 283.7軒/km2(734.7 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 29.1%
  • 18-24歳: 6.8%
  • 25-44歳: 30.0%
  • 45-64歳: 25.5%
  • 65歳以上: 8.6%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.4
    • 18歳以上: 91.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 44.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 74.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.7%
  • 非家族世帯: 14.2%
  • 単身世帯: 12.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 4.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.92人
    • 家族: 3.18人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 66,369米ドル(2007年推計では74,091ドル[24]
    • 家族: 69,962米ドル(2007年推計では80,739ドル)
    • 性別
      • 男性: 45,281米ドル
      • 女性: 32,382米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,616米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 2.7%
    • 対家族数: 2.1%
    • 18歳未満: 3.2%
    • 65歳以上: 5.7%

人口の推移[編集]

バートレット市は1829年頃の設立以後、1866年に法人化され、その後の100年間は小さな町のままだった。1960年でも人口は僅か508人の英気馬車道と鉄道の傍にある「古い」町だったが、1970年代と1980年代に新しい住民が入って来て急成長した。その多くはメンフィス市からの「ホワイト・フライト」(白人が古くなった市街地を避けて郊外に移転する動き)によるものであり、また東部と北部の領域を併合したことも貢献した。2014年推計では6万人に迫っている。

2007年、雑誌「マネー」が、アメリカ合衆国で住みたい町100傑の第95位にバートレット市を挙げた。

興味ある場所[編集]

デイビース・マナー・プランテーション[編集]

デイビース・マナー・プランテーションは[25]、シェルビー郡でも最古の丸太小屋、32エーカー (128,000 m2) の農地、多くの構築物がある歴史的な資産であり、小屋は一般公開されている。構築物の中には、小作人小屋から売店、粉挽き場から納屋まである。さらにキッチンガーデンや医療用ハーブ園など幾つかの庭園もある。屋外を楽しむ観光客にはウォーキングツアーや、自然の道もある。

ニコラス・ゴットン邸[編集]

ニコラス・ゴットン邸

ニコラス・ゴットン邸はコート通り2969にある。バートレット博物館が入っており、バートレット歴史協会が運営する地元歴史博物館となっている[26]。この白い木組み構造の建物は、1871年にニコラス・ゴットンが、ニューイングランドのソルトボックス様式で建てた[27]。長いこう配屋根が背面に傾斜している。背面は平屋、前面は二階建てである。

レクリエーションとフィットネス・センター[編集]

バートレット・レクリエーション・センターは、広さ55,000平方フィート (5,100 m2)、2000年8月に完成した施設である[28]。バートレット警察署の真裏、フラハーティ・プレース7700にある。水泳プール、ラケットボール・コート、バスケットボール・コート、陸上競技用トラック、ワークアウト室があり、市民に人気がある。開設以来、運営がうまく行っており、市からの援助なしでやって行けている。

芸能と会議のセンター[編集]

バートレット芸能と会議センターは1999年に完成し、こけら落としはアート・ガーファンクルのショーだった[29]。アップリング道路3663にあり、バートレット警察署やアップリング中学校の通り向かいである。芸能のみならずセミナーや、事業の会議などの催しに貸し出されている[30]

脚注[編集]

  1. ^ Office of the Mayor”. City of Bartlett, TN. 2016年2月3日閲覧。 “Active in the Republican Party.”
  2. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  3. ^ US Board on Geographic Names”. United States Geological Survey (2007年10月25日). 2008年1月31日閲覧。
  4. ^ Race, Hispanic or Latino, Age, and Housing Occupancy: 2010 Census Redistricting Data (Public Law 94-171) Summary File (QT-PL), Bartlett city, Tennessee”. U.S. Census Bureau, American FactFinder 2. 2011年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  5. ^ Municipal Technical Advisory Service - City Information”. www.mtas.tennessee.edu. 2015年6月2日閲覧。
  6. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  7. ^ Shelby County School District Public Schools”. Public Schools Report. 2008年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月7日閲覧。
  8. ^ Garlington, Lela (2013年7月16日). “Voters say 'yes' to separate school districts in Memphis suburbs”. The Commercial Appeal. http://www.commercialappeal.com/news/2013/jul/16/shelby-countys-suburban-voters-decide-again-munici/ 2013年12月31日閲覧。 
  9. ^ Moore, Linda (2013年12月2日). “County Commission approves school agreements with Bartlett, Collierville and Millington”. The Commercial Appeal. http://www.commercialappeal.com/news/2013/dec/02/shelby-county-commission-approves-school-lawsuit/ 2013年12月31日閲覧。 
  10. ^ Bartlett High School (Grades 10-12)
  11. ^ Bartlett Ninth Grade Academy
  12. ^ Appling Middle School
  13. ^ Bon Lin Middle School (Opened 2008)
  14. ^ Elmore Park Middle School
  15. ^ Altruria Elementary School
  16. ^ Bartlett Elementary School
  17. ^ Bon Lin Elementary School
  18. ^ Ellendale Elementary School
  19. ^ Oak Elementary School
  20. ^ Rivercrest Elementary School
  21. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  22. ^ Census of Population and Housing: Decennial Censuses”. United States Census Bureau. 2012年3月4日閲覧。
  23. ^ Incorporated Places and Minor Civil Divisions Datasets: Subcounty Resident Population Estimates: April 1, 2010 to July 1, 2012”. Population Estimates. U.S. Census Bureau. 2013年12月11日閲覧。
  24. ^ http://factfinder.census.gov/servlet/ACSSAFFFacts?_event=Search&geo_id=16000US3929106&_geoContext=01000US%7C04000US39%7C16000US3929106&_street=&_county=bartlett&_cityTown=bartlett&_state=04000US47&_zip=&_lang=en&_sse=on&ActiveGeoDiv=geoSelect&_useEV=&pctxt=fph&pgsl=160&_submenuId=factsheet_1&ds_name=ACS_2007_3YR_SAFF&_ci_nbr=null&qr_name=null&reg=null%3Anull&_keyword=&_industry=
  25. ^ www.daviesmanorplantation.org
  26. ^ http://www.cityofbartlett.org/index.aspx?nid=55 History of Bartlett
  27. ^ Bartlett, TN - Official Website - History”. City of Bartlett. 2009年5月30日閲覧。
  28. ^ Official BRC Website”. City of Bartlett. 2007年11月23日閲覧。
  29. ^ BPACC Past Seasons”. BPACC. 2007年11月23日閲覧。
  30. ^ BPACC Official Website”. BPACC. 2007年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度13分23秒 西経89度50分28秒 / 北緯35.22299度 西経89.84117度 / 35.22299; -89.84117